死なない理由

作者 福倉 真世

109

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ODで閉鎖病棟に2回入院した者です。私は死ぬことにそこまで否定的ではありませんが、筆者の実体験などには心にくるものがありました。

閉鎖病棟に自殺未遂した人がたくさんいるというエピソードのところで、それぞれの自殺のしかたにとってもリアリティがあって自殺するのが怖くなりました。首吊りも後遺症が残るだなんて初めて知りました。

飼っていた犬さんのエピソードも、自分の死にたい気持ちの為に周りを巻き込んでしまったことなどとても共感できました。

死にたいという気持ちが尽きることはまだまだありませんが、自殺か老衰か、死ぬその時まで生きようと思います。

★★★ Excellent!!!

私自身も最近、割腹と首をきる為に自殺未遂。無傷ではありましたが、銃刀法違反(所持)で罰金刑を受けました。

10日程、警察で勾留され、これから先の事をずっと考えながら、実家へ戻りました。
実家へ戻っても、気持ちがままならず、数度首吊りを試みているうちに、この作品へ出会いました。
数日の生活を見かねた弟より一喝を受け、自分の愚かさに酷く憔悴してしまいましたが、今は、再出発への準備を整えています。

自身の宿命の日が来るまで生き続けます。

★★★ Excellent!!!

鬱々としてると、つい、死にたい、だの、生きていたくない、だの、Googleの検索窓に入力しては代わり映えしない、何度も開いたページをみていました。

そんなことをしてもなにも進まないのに。しかし、それに安心している自分もいました。

そんな折、すこし趣向を変えて、検索窓に入力しました。たしか、自殺となにか、キーワードをいれた気がします。

そうして、検索結果が紫ではなく青いものを開き、そこから流れ着いてここにきました。

長い前置きでしたが、何がいいたかったかというと、筆者のかたの視点はわたしにとってオアシスのようなものでした。救われた!もう元気よ!となるような即効性がないのは、残念ながら私の躁鬱の症状のせいなのですが、、、笑
しかし、確実に私の頭は衝撃を受けました。

ネットの海で見つけたオアシスでした。

ああ、視野狭窄とはこの事かと、いままでの自分を思います。

真世さんと真世さんの文章に出会えたことを嬉しくおもいます。

ありがとうございます

レビューというより感想になりましたが、なんというか、人との出会いって面白いなとおもうばかりです。

今日はしんどくて寝れないかとおもっていましたが、真世さんの文章を読んだことで案外寝れるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

自殺未遂してたどり着いたのがこの作品でした
自殺の方法探してたのにいつの間にかそんな気はなくなり、旦那が求めていた昔の自分に戻れた気になりました
精神疾患を患ってない人の言葉は何故か心には響かず、余計にイライラしてましたがチワワのくだりから、ああ、無理してたわと気づかせてくれました
私は異常者で誰にでも愛されてない、死のうから、強く当たり過ぎた事を気づかせてくれた作品でした
旦那は寝てますが、LINEでその事を謝っておきます
そんな作品です
薬より効く作品でした
これからも楽しみにしています
無理せず頑張ってください

★★★ Excellent!!!

正直途中から読むのがしんどくて、何度かやめようと思ったけど「これを読めば自分の病気と向き合えるかもしれない」と思って必死にしがみついて読みました。
結果、ちょっとは自分のことを好きになれたと思う。これはすごい進歩で、多分今の体調不良はポジティブな方に精神が転んだから、バランスをとれなくなってくらくらしているんだと思う。
自分語りはこのくらいにして。

統合失調症を抱えた方の手記です。自殺や精神病、自分の価値など、様々な概念や事象にかんするチップスがいっぱい。
もし、死にたいと考えているなら。
もし、誰かを自殺で亡くしたのなら。
精神を病んでいたら、あるいは病みそうなくらい追い詰められていたら。

白い腕が差し伸べられています。それは、あなたを助ける腕ではありません。言っておきますが誰もあなたを助けてはくれません。でも、諦めないでください。
その白い腕、よく見たら、見覚えありませんか? 
多分ですが、あなたの腕です。この手記に辿り着いたあなたは必死にあなたを助けようと思っている。

掴まるか拒否するかは選んでいいです。どっちが正解かは誰にも分からない。もちろん、あなたにも。

読んで何かを得られたら。読んで何か変わったら。読んで何かを捨てられたら。

もしかしたら、もしかしたらだけど、ね。