朱色の喪失

作者 にしきたなつき

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

そこに祈れば、どんな願いも叶えてくれる……そんな言い伝えが残る、虚ろげな夢の中に佇む「祈りの門」。そこに暮らすは、様々な淡く切なく、そして深い傷を抱えた物語を持つ4人。

誰かを感じ、惹かれる想い。しかしそれはやがてすれ違い、もつれ、やがて大いなる破滅へと繋がっていく。しかし、もしそれを断ち切る事が出来たら?全てを根底から覆す事が出来たなら…?

様々な形、様々な場所から『心』という概念を描く、哀しくも美しい幻想恋愛譚です。

★★★ Excellent!!!

祈りの門の門番である四人の魂の、数奇な運命の物語です。

BL大人向け小説ですが、BLというより人間愛というか、魂愛だと感じました。
彼らは互いが男であれ女であれ、人ですらなくとも、きっと変わらず愛し合うでしょうから。

運命なのか、呪いなのか、強い因果の縁に縛られて、心よりも深いところで繋がっている…そんな四人が美しい大人っぽい文章で描かれています。
今後の更新も、楽しみにしています!