異世界最速理論 ~ドラゴンの頭文字はD~

作者 時流話説

26

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

峠に命を置いてきてしまった主人公。物語は王道の転生から始まります。職業選択は、勇者? 英雄?
いいえ、そんなもんではありません。

彼の職業、ドラゴンライダー。
天かける竜の担い手

この世界で、彼は見るのでしょう。
まだ見ぬ、その風の向こう側を!

さあ、最速という称号は、誰の頭上に輝くか!

最速の伝説、今あなたの元に。

★★★ Excellent!!!

異世界転生して、よくある勇者などの冒険者と違い、飛竜(ドラゴン)を操れる能力を得た主人公のミチユキは、空を行くドラゴンにまたがる。

そして、レースでは、高く飛びすぎたり、狭い谷を行ったりと過酷な上、ライバルもいる。

空を飛ぶって羨ましい程に、爽やかで、清々しく、カッコいいのを知る。

それは、読者との共有の感覚となり、読み終えてもぽっとあたたかくなる気持ちは続く。

ぜひ、ご一読を願います。

★★★ Excellent!!!

タイトル、「秋」ではなく「夏」名山、そしてぶっきらぼうな親父。
わかる人は思わずニヤニヤしてしまうネタ満載の1話から、超絶オリジナルの2話以降へと展開していく。

レース中に事故死してしまった峠の走り屋「ミチユキ」。
転生を果たした異世界でのステータスは、軒並みCクラス…… 
しかし、ただひとつ、「竜操技術」という見慣れないスキルが「SSS」だった!

転生前に峠で磨いたドライビングスキルは、果たして空でも通用するのか!?
スピード感溢れるドラゴンレースが見どころです。