14歳の朝、少年は死んだ。その瞬間から少年は語り始めた。

作者 @ennoshin

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?