14歳の朝、少年は死んだ。その瞬間から少年は語り始めた。

作者 @ennoshin

この作品の応援コメントはまだありません

エピソードへのコメントがつくとこの場所に一覧表示されます。