罪人の終焉の舞〈ラスト・ダンス〉

作者 恋野 ミカヅキ

32

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

プロローグから、なかなか印象に残り読み進めていくうちに、物語と登場人物の深さに引き込まれていきました。
少しずつ伏線も回収され、スッキリしていったところで14.5話を読み、別の伏線回収とともに感動するような展開。結構、物語にのめり込んでいたので、涙が溢れましたね。
今後も期待ですね。

これを高校1年生が書いているとは思えないほどのクオリティなので是非、読んでいただきたい。

最近より一層良くなってます!!

★★★ Excellent!!!

プロローグでの話に心を惹かれ、一話ごとに話が深くなっていく面白さがありますね。キャラクター同士の関係もとても心が惹かれるものが多かったです。少しずつ明かされる過去の話にも興味があります。
伏線の張り方もとても上手ですね!

★★★ Excellent!!!

 物語の流れが本当に綺麗で、そして登場人物の特徴が立ちまくっている。――ここまでの連載分を読んでの感想。
 始めからしてインパクトがあり、なにより毎話毎話の終わらせ方には本当に唸る。
 十分に期待できる作品だから、是非とも自分と同じこの高校一年生が描く才能に触れてほしい。
 って、素直に思えました!