シリーズ 長い3世紀のルポルタージュ

久志木 梓

vol.0 各巻のあらすじ・主な登場人物・用語集

vol.1のあらすじ・主な登場人物・用語集

■あらすじ

冷や飯ぐらいで物好きな「私」が、万里の長城の向こう側に住む「慕容ぼよう」という騎馬民族を、記録採集のために訪れる話。

今回は紀行文風。全6話。完結済み。


■主な登場人物


「私」

この話の語り手。

各地の文化や風習を記録して回っている大の物好き。いわゆる中華王朝で大多数を占める、かんじんの出身。


史栄しえい

「私」に同行する通訳。

隊商キャラバンを組み広域を移動して商売を行う、しょうという部族(いわゆるソグド人)の出身。人なつこく、したたか。


慕容ぼよう樹左車じゅさしゃ

「私」の護衛隊の隊長。勇猛な慕容の戦士。


慕容廆ぼようかい

若き慕容の長。

りょうとう地方の覇権をほぼ握っているが、現在は中華王朝であるしんに服属している。最近は漢人知識人の受け入れに熱心。

「私」の訪問を承諾し、史栄や樹左車を派遣した。


■主な用語


かんじん

いわゆる中国大陸の主要民族。

農耕によって生計を立て、一生のほとんどを城壁に囲まれた城市まちで過ごす。


慕容ぼよう

いわゆる北方騎馬民族のひとつ。

万里の長城の向こう側に住み、厳しい環境のなかで遊牧生活を送る。

彼らの支配領域は、中華王朝の中核地域である中原ちゅうげんから見て北東、遼東地方である。

正確には「慕容」であり、「鮮卑族」の一部族。


せんぞく

かつて北方騎馬民族の代名詞だったきょうに代わり、万里の長城の向こう側「塞外さいがい」に広く居住する民族。元々は匈奴の一部だったが、匈奴の衰退とともに分離独立した。

一度は全モンゴルを手中に収めるも、現在は慕容ぼよう宇文うぶんだんたくばつ禿髪とくはつといった諸部に分裂している。


きょう

北方騎馬民族のひとつ。

モンゴル高原に大帝国を築き、その繁栄は戦国時代からしんかんまでの長い時代にかけて中華王朝をおびやかした。

しかし数百年におよぶ中華王朝との戦争、中華王朝からの懐柔政策、離間策、そして民族内の内紛によって衰亡。現在は南北に分裂し、南匈奴は万里の長城の内側、「塞内さいない」に住むようになっている。


しん

いわゆる中華王朝。

かん末のこうきんの乱を受けて群雄が乱立した三国時代のあと、しょう親子を経て、えんを初代皇帝に建国された。

中華を統一した統一王朝としては実に一〇〇年ぶりだが、いまだその治世は安泰とは言いがたい。


※これはフィクションである小説のためのための用語解説であり、史実とは異なった表現を含みます。あらかじめご了承ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る