第69話 彰人、伝説の魔獣と戦う

 王都から近い場所にある【パンドル山】の上空に現れた魔獣――


 漆黒の胴体からつき出す2本の長い首の先には、蛇のような頭が付いていて、それぞれの蛇は口から炎を吐いている―― 何とも禍々しい姿だ。


 だが、今のところ、魔獣は空中に浮かんでいるだけで攻撃してくる気配はない。


 伝承の魔獣は、神獣と神の使いに退治されたはずだし、あの魔獣は伝承にある魔獣とは関係ないのかもしれないな。


「獣王様。伝承の魔獣は退治されたのではなかったのですか?」


 馬車から降りてきたサーベラが、空に浮かぶ魔獣を見ながら獣王に尋ねた。


「伝承では、神の使いは魔獣に止めを刺さずに『パンドル山の地中に封印した』と伝わっておる」


「どうして神の使いは、止めを刺さなかったのですか?」


「止めを刺さなかった理由は、儂にも分からぬ。

 ただ、神の使いは『35万日後に魔獣の封印は解ける』というお告げを残し、何処かへ去ってしまったのだ。

 それで、我らの祖先は968年前に王都をパンドル山の側に移し、魔獣の復活に備えることにしたのだ」


「パンドールへの遷都は、魔獣対策のためだったのですか?」


「そうだ。魔獣の封印が解けた後、すぐに魔獣を攻撃できるように―― という理由から王都を移したのだが、まさか今日が封印の解ける日だったとはな……」


 そんな昔から魔獣対策をしていたのなら、魔獣を倒す手段も準備できている筈だな。


「じゃあ、今すぐ、攻撃したほうがいいぞ」


「ところがだ! 封印が解けるのは、まだまだ先のことだと思っておったから、対空攻撃の手段は全く準備できておらんのだ。フハハハハハ!!」


 おい! 準備できてないのかよ! それなのに、コイツは何呑気に笑ってるんだよ……


「マスター、アレは【厄災の魔獣デュゴラ】だ」


「ラミオン、あの魔獣のことを知ってるのか?」


「デュゴラは【世界を破滅に導く物】と言われ、世界にとって最も危険な存在の1つだ。ラミオンは、デュゴラを発見したら最優先で排除するように、と創造主様から言われていた」


 厄災の魔獣デュゴラか…… 名前を聞くだけでヤバイのが分かるな。

 そうなると、余計に止めを刺さずに封印した理由が気になる。


「ラミオン。何故ヤツに止めを刺さずに封印したのか、理由は分からないか?」


「それはラミオンにも分からない。が、今のデュゴラは、本来の3分の1以下の力に抑えられているようだから、倒すなら今がチャンスだ」


 まだデュゴラの封印は完全には解けていない。恐らく封印の効力が弱まったことで、強引に地中から出てきたようだ。

 とはいえ、封印が完全に解けるのは時間の問題だろう。


「お主らに、あの魔獣の退治を頼んでも構わぬか?」


 獣王は俺達に『魔獣退治』を依頼してきたが、頼まれなくてもデュゴラの退治はするつもりだ。


「勿論だ。俺とラミオンで、あの魔獣を、退治しよう」


 俺は獣王に返事した。


「それは有り難い! のだが…… 済まぬが、いい加減右手を離してくれんか」


……


 ラミオンは第2形態へと変身する。

 俺がラミオンに乗ると、ラミオンは魔獣に気付かれないように急上昇し、雲の上まで出た。


「ラミオン。ヤツに弱点はあるのか?」


「デュゴラの背中―― 羽の付け根の所を破壊すれば、魔力回路を狂わせることができるはずだ。

 デュゴラの最も厄介な能力の【再生】を使えなくするために、背中の魔力回路を破壊する必要がある」


 狙いは背中の羽の付け根か!

 ラミオンは、急降下してデュゴラの背中を攻撃する気だ。俺も同時にデュゴラの背中に棍を叩き込むぞ!


「マスター、行くぞ!」


 ラミオンは真下に向かって急降下する!

 デュゴラの姿は、ゴマ粒くらいの大きさにしか見えない。


 更にラミオンのスピードが上がる!

 デュゴラの姿が段々と視認できてきたが、デュゴラはまだ俺達に気付いていない。

 俺は棍を握る手に力を込める。


 デュゴラまで500m―― という所で、ラミオンがいきなり第3形態に戻った!?

 ラミオンは『天使形態?』に変身―― 翼を広げて上空で停止し、攻撃体勢を取った。

 そして俺は…… そのままデュゴラに向かって落下する。


 まさかラミオンは、俺ごと攻撃するつもりなのか!?

 ラミオンから発射された光の束が、俺の後ろから飛んでくる!

 俺は空中でそのビームを必死に避けた。


 ドーン!!


 ラミオンのビームがデュゴラに命中した!


 ギャオオオォォォ!?


 デュゴラは苦しそうな鳴き声を上げたが、倒すまでには至らなかった。


 デュゴラの2つの頭が俺の方を向く―― 絶対に俺が攻撃したと思っているぞ。

 頭から真っ逆さまに落下する俺は、無防備で完全にヤバイ状況だ。


 デュゴラの背中には、その巨体に似合わない昆虫のような透明の羽が付いていた。

 その透明の羽が光り、同時にデュゴラの2つの口が大きく開いた!


 2本の熱線が落下する俺に向かって飛んでくる!


 バシッバシッ!


 俺は空中で棍を振って、2本の熱線を防いだ。

 熱線の威力はラミオンのビームと比べると大したことはなかったが、本来の威力はコレの3倍以上だと考えると、危険であることに間違いない。


 俺は落下する―― どんどんデュゴラが大きく見えてくる。デュゴラの羽がまた光りだした。そして、今度は2つの口から炎が吐かれた!


 俺は炎に向かって真っ直ぐ落下中―― この炎は避けられない。

 俺はそのまま炎の中を突っ切る覚悟を決めた! そのとき――


 ヒュン!


 俺の横を猛スピードでラミオンが通り過ぎ、炎の中へ突っ込んだ。そして、そのまま――


 ドカッ!!


 ラミオンはデュゴラの頭を殴り飛ばし、炎の向きが俺から反れた。

 ラミオン、ナイスだ! 俺は落下の勢いのまま、デュゴラの背中に向かって棍を伸ばした!


 ドゴッ!!


 棍がデュゴラの羽の付け根に命中する! そして、同時に霊気を一気に叩き込んだ!


 手応えあり! デュゴラの魔力回路に大ダメージを与えたはずだ!


 ギャオオオォォォン!? 凄まじい絶叫を上げる2匹の蛇。


 だが、攻撃はそれで終わりじゃないぞ!

 ラミオンが追い打ちのビームを撃つ!


 ドーン!!


 ギャオオオォォォン!? 再び2匹の蛇から悲鳴が上がり、羽の動きが完全に止まった。


 デュゴラはゆっくりと墜落しだした……


……


「獣王様! 魔獣が落ちてきます!」


「ウム! 全軍、魔獣を包囲し攻撃するのだ! 絶対にここで仕留めるのだ!」


 オオオォォォォ!! 獣王軍の兵士達は、掛け声と同時に墜落するデュゴラに向かって走り出す。


 ドドドーン!!


 デュゴラは地面に激突し、大地を揺らした。


……


 俺は墜落したデュゴラの上に着地した。


 よし! デュゴラの背中の魔力回路は完全に破壊したぞ!

 これで再生能力は使えなくなったはずだ。


 下を見ると、獣王軍の兵士達が次々とデュゴラに攻撃を仕掛けている。

 まるで、ピ●ミンが巨大な敵キャラを攻撃しているようだ。


 グガアアアァァァ!!


 怒ったデュゴラの2つの頭が、地上の獣王軍に向かって熱線を吐く。


 ドゴーーン!!


 あちゃ…… 獣王軍に結構な被害が出たようだ。蜘蛛の子を散らすように、獣王軍の兵士達はデュゴラから離れていく。


 デュゴラの2つの頭が、再び熱線を吐こうとしたその瞬間―― 俺の頭の上から強力なエネルギー反応がした!


「ラミオン・ライトニングシャワー!」


 声と同時に、無数のビームがデュゴラ目掛けて降ってきた。

 デュゴラの背中に乗っている俺のことも、少しは気にして欲しい……


 ギュゴオオオォォォ!?


 デュゴラは、全身を無数のビームに貫かれ、大ダメージを受けた!

 俺も危うく巻き添えを食らいそうになったが、デュゴラから飛び降りて、なんとか流れ弾を受けずにすんだ。


 これはもしかして、デュゴラの『討伐完了』したんじゃあ!?


 そう思ったのも束の間…… 俺は、デュゴラの体内エネルギーが大きく膨らむのを感じた!


 あっ!? これ、ヤバイやつだ……


……


 ラミオンが俺の横に着地する。


「マスター、デュゴラは自爆するつもりだ」


 やっぱり、そうか……


「爆発の威力は『ラミオンバスター・ワイド』の1.5倍以上だ」


 それ、ヤバすぎだろ!? この辺一帯どころか、下手すりゃ世界の大半が消滅するぞ……


 もしかすると、『こうなること』を予測したから、千年前はデュゴラを倒すことを諦めて封印することにしたのかも……


「ラミオン、爆発までどれぐらいあるか分かるか?」


「爆発まで、推定120秒だ」


 2分か…… それじゃあ、俺とラミオン以外は避難することも無理だ。

 万事休すか……


「マスター、ラミオンのマスター試験で使った『あの技』を今使えるか?」


「ああ。アレなら爆発を防げるとは思うが、それにはデュゴラの全身を何かで包み込む必要があるんだ」


「わかった。ラミオンがデュゴラの全身を包むから、マスターは『あの技』の準備をしておけ」


 えっ!? デュゴラの全身を包めるような大きな袋を、ラミオンは持っているのか?

 って考えている場合じゃないな。

 俺は全力で霊気を溜めることに集中することにした。


……


「マスター、準備ができたぞ」


 1分程でラミオンが戻ってきた。

 俺の前には、裸のラミオンが立っていた。


 そして、デュゴラを見ると―― 巨大な風呂敷に包み込まれていた。


「ラミオンの服を変形させた」


 ラミオンの服って、こんなこともできるんだな。


「よし! 俺の準備もできているぞ!」


 俺は巨大な風呂敷の前に立ち、全力で風呂敷に霊気を送った!


「神明流奥義―― 絶界!」


……


 一体、どれくらいの時間『絶界』を張り続ければいいんだ?


 風呂敷の中の様子が分からないから、兎に角俺は30分以上、風呂敷に霊気を送り続けている…… 流石にもう大丈夫だよな?


 爆発が外に漏れている様子はない。

『絶界』は完全に爆発を封じ込めた! 筈だよな…… 多分……


――――――


 神明流奥義『絶界』―― 

 かなりの体内霊気を消費する技だが、絶界の張られた空間内は、外部からの干渉を完全に遮断する。そして、その強度はラミオンバスターでも破壊できないほどだ。


――――――


 俺は絶界を解除した。

 すると、デュゴラを包んでいた風呂敷が力なく萎んだ。


 ラミオンは風呂敷を回収し、服に戻した。

 すると、服の中から直径20cm程の大きさの『紅く煌めく球』が出てきた。


「ラミオン、それは何だ?」


「マスター、これはデュゴラの【魔核】だ。これはラミオンが預かっておく」


 そう言うと、ラミオンは魔核を胸の中にしまい込んだ。


「あの魔獣は倒したのか?」


 声を掛けてきたのはサーベラだ。


「ああ。魔獣は、完全に、消滅した」


「そうか! 獣王様がお前達に話があるそうだ。付いてこい!」


……


 再び俺達は、獣王の乗る馬車の中に入った。


「此度のお主らの活躍、見事であった。獣人族を代表して礼を言う」


 獣王が俺達に頭を下げる…… といっても、デカすぎて頭は俺達よりもずっと上にあるが。


「お主らには今回の褒美を遣わせる。何なりと申すが良い」


 ラミオンは全く興味なさそうだ。俺も特に欲しい物はないが


「褒美は、物でなくても、構わないか?」


「勿論構わぬぞ! 何なりと申すが良い!」


「人族との、戦争を、止めて欲しい」


 獣王のこめかみがピクリと動いたように見えたが


「良かろう……」


「獣王様!? よろしいのですか!?」


 サーベラは驚いて獣王を見る。


「構わぬ! 獣王に二言はない!」


 そして、獣王は俺を真っ直ぐに見ながら話しだす。


「勘違いするでないぞ。戦争は中止するが、だからといって我ら獣人族が人族の行いを許したわけではない。再びあのようなことが起これば、次は確実に人族を攻め滅ぼすだろう!」


「分かっている。だが―― ありがとう」


 俺は獣王に礼を言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます