第49話 エピローグ

「アキト、もう行くのか」「アキト、もっとここにいるのじゃ」「アキト、もっと遊ぶの」


「アキト様、もうお別れなのですね」


 うーん…… シーラさんも3娘達も、そんな悲しそうな目で見つめられると、俺としても少し辛いが


「また遊びに来るよ!」


 そう言って、俺は扉へ向かった。


《彰人様。これでタマともお別れです。短い間でしたが、本当に有難うございました。きっと、またエシューゼに遊びに来てください。タマは、後2千年はお待ちできますので、それまでには必ず…… 彰人様、お元気で》


 2千年!? タマ―― お前、長生きなんだな。

 それに、心配しなくても2千年どころか298日後には必ず来るし……


《タマ、お前も元気でな。またこっちに来たときは、よろしく頼むわ》


「さよなら・なの・じゃ」「お元気で彰人様」


 俺は、振り返らず手を振りながら扉を通った。その時――


《彰人様、有難うございました》


 最後に、俺がこのエシューゼへ来る時に聞いた『女性の声』が頭の中に聞こえた。


 そして、俺は光に包まれた――


 1秒後――


 視界が戻ると、そこには見慣れた『蔵』の中の景色が現れた。


 とうとう俺は元の世界へ帰ってきたんだな……


 エシューゼに行ってた期間は、およそ70日―― 長かったような短かったような……


 とりあえず、親父に帰還報告をしておこう。


……


 俺が親父の部屋の前まで行くと、親父が待っていた。


「おう! 彰人、帰ったか! 結構早かったな」


「あぁ、やっと帰ってこれたよ…… それにしても、親父の話が本当だったことに驚いたよ」


「ん? 彰人…… お前、もしかして俺の話を『信じてなかった』のか?」


 親父は驚いた顔で俺を見ているが、普通あんな突拍子もない話を信じないだろ!


「まぁ、今更どっちでもいいか…… それよりも、お前に伝えておかなくてはな」


 それは、親父の部屋の中にいる人のことだな。只者じゃない気配がする。

 それから、俺も親父に伝えておくことがあった。


 それは『ラミオン』のことだ。当然だが、ラミオンは俺に付いてきて、この世界へやってきたのだ。


「この家に新しい同居人ができたんで、お前にも教えておかないとな。

 マオさん、あなたに私の息子を紹介しておきたいので、こちらへ来てください」


「親父。俺も親父に紹介しておかないといけない人がいるんだ」


 親父の部屋の障子が開いて、中から『マオさん』が現れた!

 同時に、親父の前にラミオンが姿を見せた!


「えっ!? なんでここにいるんです!?」


「うわあぁぁぁ! なんでここにいるんだあぁぁぁ!」


 俺が『その人』を見て驚いたのと同時に、親父も『ラミオン』を見て俺以上に驚いていた。


……


「アキト、余も驚いたぞ! まさか天魔帝の向かわれた世界が、お前がいた世界だったとはな……」


 まさか、ここに『女王様』がいるなんて、俺は夢にも思わなかった……


「親父、どういうことだ?」


「どうやら、彼女のご先祖様が『1200年前にこの世界にやってきた【鬼】』だったみたいなんだ」


「はぁ? どういうこと?」


「彰人…… お前、俺があの時話した【神明流の開祖】の話も覚えていないのか?」


 うっ! 親父の話―― 全部『嘘』だと思ってたから、ほとんど聞き流した……


「仕方ない…… もう1度話すぞ」


――――――――


 親父の話はこういうことだった。


 今から約1200年前――

 突然、この地に巨大な扉が出現し、2千人近い数の【鬼の軍勢】が現れた。


 鬼の軍勢は暴れまわり、多くの村や町を破壊し人を殺した。


 時の朝廷は軍隊を送り『鬼討伐』を試みたが、鬼達があまりに強すぎて、あっさりと返り討ちに合ったそうだ。


 そこで朝廷は、鬼退治に『強力な神通力を持つ』という『神月の里の者』の力を借りることにした。

 しかし、神月の里から送られてきたのは『陽玄』『陽真』という親子―― たった2人だけだった。


 2千の鬼に対し、たったの2人…… 朝廷は絶望を感じたのだった。


 ところが! この親子2人は、とてつもなく強かった。


 信じられないことに、たった2人で鬼の軍勢を全滅させたのだ!


 その後、2人は『神月』の姓を朝廷より賜った。

 そして朝廷は、鬼共が現れたこの地を『鬼追村』と名付け、鬼共が通ってきたという扉の『監視役』に2人を任命したのだった。


 そのまま『陽玄』は、当時『扉の管理者』がいなかった『世界アーセス』と契約を結び『扉の管理者』となり、また『陽真』は『救世主』としてエシューゼに行くことになったのだが、それはまた別の話。


 因みに、『神明しんめい流』は元々は『神月かみづき流』であったのだが、陽真の息子―― 神月流3代目当主【神月かみづき幻夜げんや】が、陽玄と陽真の功績を称え、2人の称号である『太陽』を現す『日』を『神月』の間に入れて『神明流』と改名したらしい。


――――――――


 つまり『女王様』のご先祖様である天魔帝は、俺のご先祖様である『陽玄・陽真』の2人によって殺された―― ということだ。


 じゃあ、俺は女王様に恨まれるのか?


 そんな風に思ったのだが、意外にも女王様は全然恨んでいないようで、


「戦って敗れたのなら仕方のないことだ。それに、この世界の罪のない人族も殺されたわけだしな」


 案外、あっさりとしたものだった。


「で、話は変わるが―― 親父は何故『ラミオン』を知っているんだ?」


「彰人。お前は研究所にラミオンが隔離されていることを知っているか?」


 俺が2年前に『美樹さん』に見せられたラミオンのことだな!


「ああ。知ってる」


「そうか…… 実はな、あのラミオンのマスターは『俺』なんだ」


 えっ!? 親父があのラミオンのマスター!?


 って、驚くことでもないな。

 俺以上の力を持っている『親父』か『じいちゃん』が、ラミオンのマスターであっても全然不思議じゃない。


「じゃあ、なんでラミオンを見て驚いたんだ?」


――――――――


 親父の話はこういうことだった。


 親父がラミオンのマスターになったのは、今から6年前らしい。

 親父は『扉の管理者』であるので、何度も『救世主』として異世界へ行っている。

 その異世界の1つでラミオンに出会い、『マスターとしての義務を得た』そうだ。


 その後は、ラミオンと共に異世界へ赴いていたのだが、今から2年程前に救世主として出向いた世界で事件が起きた!


 親父はその世界で『数万の魔物』を相手に戦った。


 それでも親父は1人でも圧倒的に強かったのだが、その時ラミオンが行動を起こしたそうだ。

 ラミオンは、親父の後ろから『ラミオンバスター(ワイド)』―― 俺のマスター試験で、ラミオンが最後に使った技の広範囲バージョン―― を撃ったらしい。


 その攻撃で、魔物のほとんどが消滅したので、結果的にはラミオンのおかげで楽できたのだが、親父も危うく『殺されるところ』だったという。


 親父はとっさに気付いて『絶界』を張り、何とかその攻撃を防いだのだが、そのことでラミオンと一緒に行動することの危険性を認識し、ラミオンを隔離することに決めたそうだ。


 それで、親父は研究所の『例の部屋』にラミオンを隔離し、ラミオンはスリープ状態になっているということらしい。


――――――――


 俺が連れてきたラミオンは、そのラミオンとそっくりだから、親父は『ラミオンが目覚めて戻って来た』と勘違いして驚いたようだ。


「彰人。お前も気を付けろよ…… アレを喰らえば、普通に死ぬ」


「あ、あぁ…… 気を付けるよ」


……


「ところで、陛下のことは『魔央マオさん』と呼んでよろしいのですか?」


「うむ。『郷に入っては郷に従え』―― この世界には魔王は存在せぬようだし、名前がないと不便であるからな。『魔央』がこの世界での余の『仮の名』となる」


「そ、そうですか…… でも、赤い肌と角が目立つので、この家から出ることは難しいのではないですか?」


「それなら心配いらぬ。余の『幻影魔法』で肌の色と角くらいなら、誤魔化すことが可能だ」


 幻影魔法か。そりゃ、便利だな。


「ですが、その喋り方がちょっと固すぎますね」


「そうか。ならば―― 私は『魔央』といいます。アキトさん、これからよろしくお願いします―― あの時の『天女』の話し方を意識してみたのだが、これならどうだ?」


「おお! それならバッチリですよ。じゃあ、俺も砕けて話しますね!

 魔央さん、こちらこそよろしく…… って、ここに住むつもりですか!?」


「ええ、勿論そのつもりです。ここに暫くご厄介になります」


「ところで親父。魔央さんには、どの部屋に住んでもらうんだ?

 じいちゃんの部屋か? それとも客間か?」


「お前の部屋を魔央さんに貸すことにしたぞ」


「えっ!? じゃあ俺はどうするんだよ!」


「お前、忘れたのか? もう高校は始まっているんだぞ。当然、お前は都会で1人暮らしするんだろ? それとも、鬼追村ここから通うつもりなのか?」


 そうだった! 俺の高校生活はもう始まっていたんだ!


「明日から通えるように学校には連絡しておく。住居の方は、研究所の人が手配してくれているから、このメモに書いてある所へ行けば問題ないはずだ」


「ラミオンもマスターについていく」


 えっ!? ラミオンも来るのか? どうしよう……


「いいんじゃないか。学校にさえ行かなければ問題ないだろう。見た目は人間そのものだからな」


「でも、ラミオンの格好は結構目立つと思う……」


 何せラミオンの衣装は、ヒラヒラのキラキラだからな。


「彰人、心配するな。都会はな、お前が思っている以上にドライだ。

 誰も他人のことなどに興味を持たないし、それ以上に『イカレタ格好』の人も珍しくない」


 そうなのか? じゃあ心配しなくていいのか…… 本当に大丈夫なのか?

 何かあったら、その時は『親父の責任』ということに俺の中で決めた!


「それじゃあ、俺、今からこのメモの場所に行ってくるわ!」


「彰人、ちょっと待て! まだやることがある」


 親父が俺を引き止めた。


「親父、まだ何かあるのか?」


「そうだ。彰人、お前にも『扉の管理者』になってもらう」


……


 俺は、親父に『扉』の前に連れて行かれた。


「俺の息子の彰人だ。こいつを『扉の管理者』にしたいと思う」


 親父がそう言ったら、俺の頭の中に『男の声』が聞こえてきた。


《了解しました。では彰人様―― 貴方を『扉の管理者』に任命いたします。

 知りたいことや分からないことは、私の『使いの者』にお尋ねください》


 俺は、あっさりと『扉の管理者』になったようだ。

『妖精』らしき者が、羽をパタパタさせて俺の目の前を飛んでいる。


《彰人様、お初に御目にかかります。

 私が扉の管理者様のサーバント――『さぶろう』でございます。今後ともよろしくお願いいたします》


「あ、あぁ…… よろしくな『さぶろう』」


 ファンタジー丸出しの妖精の名前が、純和風の『さぶろう』とは…… 似合わねぇ。


「ところでその名前、誰が付けたんだ?」


《はい。その質問は、彰人様の6代前の管理者様以来必ずされますね。どうして皆さん、私の名前をお気になさるのでしょうか?

 質問の答えですが、私に名前を授けてくださいましたのは、『神月陽玄様』でございます》


 ああ、『神明流初代様』ですか! それじゃあ、誰も文句言わないわな。


「じゃあ、『さぶろう』は1200年前からずっと『従者』をしているのか?」


《はい、その通りでございます! 彰人様がお亡くなりになられた後も、さぶろうは『永久に従者を務める』予定でございます》


「そうか…… 頑張れよ」


 もう、これ以上は用はないよな。


「じゃあ親父。今度こそ行ってくるわ」


「そうだな。たまには扉の様子を見に帰ってこいよ」


 俺は曖昧に笑みを浮かべながら、ラミオンの第2形態にまたがった。


 そして、ラミオンは一瞬で大空高く舞い上がる!


 ようやく俺に平和が訪れたんだ。明日から俺の―― バラ色の高校生活が始まるんだ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます