第41話 彰人、大魔道士のことを知る

 俺はいつもよりも早い、午前4時に目を覚ました。

 ベリオヌの町に近付いてくる大きな気配を感じたからだ。


 気配の数とその大きさから、それがサーコス帝国を攻めに来た『魔王軍』のものだと分かった。


 見つかると厄介そうだな。


「ベルシャ、お前の『お仲間達』が戻って来たぞ」


 そう言って、俺の隣で寝ているベルシャを起こす。


「仲間が戻って来た?」


 ベルシャは寝ぼけているのか、頭が回っていないようだ。


「そうだ。サーコス帝国に攻め込んでいた魔王軍が、補給ができなくて撤退してきた―― というところだろう」


「そ、そうか! では、この国の人族の被害はまだ大きくは無さそうか?」


 恐らく大きな被害は出ていないと思うが、どうだろう?


「ベルシャ、情報を集めてきてくれないか?」


「そうだな。その部隊の隊長と話して、情報を集めてこよう。

 アキト、お前はその間どうする気だ?」


 俺は隠れておくのが良いだろうな。それよりも、ラミオンをどうしよう…… ラミオンは、普段はただ座っているだけだ。今もキチンと正座してじっとしている。

 知らない人が見たら、お行儀の良い『可愛らしいお嬢ちゃん』だが、何かしら機嫌を損ねると、いきなりビームを出すことがあるから、俺は普段は絶対に近付かない。

 でもこのまま、ここに座らせておく訳にはいかないし、ベルシャも1人じゃ心細いだろう。


「ラミオン…… 第2形態になってベルシャの側にいてくれないか?」


 俺はラミオンに頼んでみた。


「分かった。退屈だからベルシャに付いていってやる」


 ああ、やっぱりラミオン、退屈だったのか。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「ベ、ベルシャ様! どうしてここに!?」


「ジャロウ、お前こそどうしてこんなところにいるのだ?」


「はっ! 私めは魔王様の命を受けて、この国に攻め込んでいるところであります!」


「そうだったのか? それにしては皆疲れきった顔をしているようだが、どうしたのだ?」


「い、いえ…… そ、それは、その……」


 ジャロウは歯切れの悪い返事をする。

 魔王軍四天王の1人である自分が、よもや人族相手に苦戦して、ここまで撤退してきた―― などとは、口が避けても言えなかった。ベルシャの前で恥をさらすことなど、そのプライドが許さなかった。


 くそぅ! 忌々しき人族共め!


 ジャロウはエバステでそうしたように、襲った町から食料を奪うつもりでいた。

 ところが、町についてみると、町は燃えカス状態―― 食料はおろか身体を休める場所さえなかった。

 冬の荒海を越えるのに、体力を消耗していた魔王軍であったが、疲れを癒すこともできないまま進軍するしかなかった。


 しかも、その後もジャロウの思い通りに、事が進むことはなかった。

 町から逃げたと思われる人族の足跡を追ったが、山間部の行き止まりに続いていたり、川に行く手を阻まれたり、と何度も振り回される目にあったのだった。


 それでも魔王軍は、どうにかベグオン砦まで辿り着いた!


 食料はほとんどなく疲労も限界に近い状態だったが、この砦さえ落とせば食料が手に入る!

 そのモチベーションさえあれば、人族の砦ごとき楽に落とせる!

 ジャロウはそう思っていた。


 しかし―― ベグオン砦には2人の魔道士がいたのだ。


 翼鬼族の空からの攻撃は防がれ、地上からの攻撃も思うようにはいかなかった…… ジャロウは撤退を余儀なくされたのだった。

 しかも、この町まで戻って来たとはいえ、食料の補給があるわけでもなく、ジャロウはエバステまで戻る以外にできることはなかった。


 この借りは必ず返すぞ!


 ジャロウは痛む尻を擦りながら、心に誓うのだった。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「へぇー! この国には魔道士がいるのか!」


 俺はベルシャの報告を聞いて、この国に魔道士がいることを知った。

 そういえば、タマがこの世界にも『魔法を使える者が少しはいる』と言ってたな。


《タマ、その魔道士について知ってることを教えてくれないか》


《はい。サーコス帝国には2人の魔道士がおります。エシューゼ最強の人間に数えられる大魔道士【ロイ】と【メグ】の兄妹です》


 大魔道士か! 格好良い通り名だな。


《その2人はそんなに強いのか?》


《はい。2人共『扉の管理者基準』の6倍以上の力を持っております。

 ですので、主が何度も『扉の管理者』になってもらうように夢で頼んだのですが、断り続けられました》


 そりゃそうだ。扉の管理者あんなものに成りたがる物好きなんて、巫女の一族以外にいるわけがない。


《実はその2人は、エシューゼとは別の世界から来た人の子孫なのです》


《なんだって!? それは、どういうことだ?》


《その方は―― 今から約900年前、このエジュール大陸の中心にあるエシューゼ最大の火山【グリモナ火山】が大噴火を起こしたときに現れたのです。

 大量の火砕流と溶岩で、火山の側の一帯の国々は消滅―― という危機に現れたのが『天女と金色の神獣伝説』に語られる天女なのです》


 天女と金色の神獣伝説!? 何だか『魔人』と違って随分扱いが良いな。


《その伝説の天女は、その大いなる力を使って火砕流と溶岩を止め、多くの国を救ったのです》


《その天女は、救世主なのか?》


《いえ、違います。陽真様以来、彰人様までエシューゼでは救世主の要請は行われておりませんでした》


 救世主じゃない?


《それじゃあ、その『天女』は何者だ? どうやって、エシューゼに来たんだ?》


《ラミオンです》


 ラミオン!? もしかして、その『金色の神獣』がラミオン!?

 そうか! あのときレミール公国の兵隊がラミオンを見て跪いたのは、ラミオンを神の使い『神獣』と認めたからだったのか。


《その天女はラミオンのマスターだったのです》


《それで、天女がこの世界に来れたこととラミオンが、どう関係するんだ?》


《実は世界とラミオンの間には、『ラミオンは、あらゆる世界の扉を自由に使用することができる(同伴者1名限り)』という契約が結ばれているのです》


《つまり天女はラミオンに連れられて、エシューゼに来た―― そういうことか?》


《そうです。ラミオンがエシューゼに来たのは偶然なのか? 目的があったのか?

 それは分かりませんが、マスターを伴って来たのは事実です。

 そして、そのラミオンのマスターは『魔族の女性』でした》


《魔族なのに天女なのか?》


《ラミオンに乗って空から現れたので、『天女』と呼ばれたようです。そして、その天女はエシューゼで子を産み、生涯を終えました》


 その天女の子孫が、大魔導士『ロイ』と『メグ』なのか。


《それで、そのラミオンはどうしたんだ?》


《ラミオンは、天女だけをエシューゼに残し、扉から出て行ったそうです》


 そのラミオンが何のためにエシューゼに来たのか気にはなるが、それよりも


《うーん。大魔導士ロイとメグ―― ラミオンのマスターの子孫にしては、ちょっと力が弱い気がするな》


《そうですね。代を重ねるごとに魔族の血が少しずつ薄れているのでしょうか。

 天女の子孫はロイとメグ以外にもおりますが、皆額に小さな角が残っている以外は、肌の色も普通のエシューゼの人と変わりありませんし、魔力も天女の直接の子供は『扉の管理者基準』の30倍あったのですが、今では1番強い力を持つロイでも7倍に届いていません》


 随分弱体化したんだな。これも巫女の一族と同じで、力を扱うための正しい指導を受けていないからかもしれないな。


《タマ。伝説の天女が魔族であることは、伝わっていないのか?》


《そうですね。元々エシューゼの人間は『見た目』をあまり気にしませんので、天女の肌の色や角があったことも伝わっていないようです。ですが、その時の天女の衣装のことは細かく伝えられています》


 そういえば、語り部のおばちゃんに聞いた『伝説の魔王』のときも、どんな力を使ったかは伝わっていないようで、『ドカーン』とか『ズドーン』とかしか言わなかったのに、その服装については細かく説明された。


 エシューゼの人は、服装と禿以外には興味がないのかもしれない。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 ――ベグオン砦――


「兄様。何とか魔王軍の侵攻を防げましたね!」


「そうだなメグ。だが、油断は禁物だ。結局僕らの魔法をもってしても、砦への侵入を防げただけで、敵の1人も倒すことができなかった……」


 メグは魔王軍を撤退させたことを喜んでいるが、僕は正直ショックを受けている。


 大魔道士―― そう呼ばれる僕らの魔力は、エシューゼに並ぶ者はない!

 たとえ魔王軍であっても、僕ら2人の敵ではないはずだ!


 僕は、それだけの自負と自信を持っていた。


 でも、実際に魔王軍と戦闘を交わしたことで、僕は『魔王軍の恐ろしさ』を身をもって知ることとなった……



   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆



 魔王軍が攻めてくる!


 その知らせを聞いたとき、僕の心は躍った!

 今まで1度も本気で放ったことのない魔法を、心置きなく試すことができる!

 そう考えただけで、僕は興奮を抑えきれなかった。


 ところが――


 僕は、ベグオン砦に近付いてきた魔王軍を見て、がっかりした。

 魔王軍の連中は、見るからに疲労しているし、人数も砦を落とすにしては少なすぎる―― 精々200人しかいないなんて。


 これじゃあ、僕らが本気を出したら、すぐに全滅しそうだな……


 そして、戦闘が始まった。


 魔王軍には空を飛べる者がいた! 砦を上から越えていこうとする。

 弓矢は届かない。成す術もなく敵の侵入を許すのか!?


 うふふふ―― 勿論、そんなことはないさ!


 メグが風魔法を発動させる。


「ウインドカーテン!」


 メグの魔法の前に、敵の飛行部隊は弾き飛ばされ、砦に近付くことができなくなる。


 さあ、次は僕の番だ! 地上の敵を蹴散らすぞ!


 砦に向かって走ってくる敵の数は100人程度。

 距離は約500m―― 僕は砦の上から敵に向かって魔法を放つ!


 広範囲の攻撃魔法


「ファイヤーアロー!」


 無数に放たれた炎の矢が、魔王軍の連中に命中する! 

 次々と倒れる敵!


 やっぱりこの程度か……


 僕は、自分の予想が裏切られなかったことに苦笑する。


 1発の魔法で大半の敵を倒してしまった。

 これでは後2~3発も放てば、敵は全滅するだろう―― 僕はそう思った。


 ところが! 僕は目を疑う…… 倒したはずの敵が起き上がったのだ!

 それも1人や2人でない。倒れていた全員が起き上がっている。

 そして、再び砦に向かって走ってくる。


 嘘だ! そんなはずはない!


 僕は別の魔法を放つ。


「サンダーアロー!」


 きっと火耐性の強い連中だったんだ。雷なら防げないはずさ!


 敵は再び地面に倒れた。


 今度こそ、やったか!?


 しかし―― 敵は再び立ち上がった……


「全員下がれ! 俺がやるうぅぅぅ!」


 何かを叫びながら走ってきたのは、魔王軍の指揮官らしき男―― 巨大な戦斧を片手で持った大男だ!


 僕はその大男に向かって、今度はより高威力の魔法を連続で放つ。


「ファイヤースピア! サンダースピア!」


 僕の魔法を、そいつは戦斧を振り回して弾き飛ばしたのだ!


 そんな…… バカな……


 魔法をあんな斧で弾くなんて、そんなことが可能なのか!?


 目の前で起こった現象を、僕の頭は受け入れられなかった……


 砦からは兵士達の放った無数の矢が大男を襲う!


 しかし、そいつには通じない。このままでは砦に取り付かれる!


 そう思ったとき―― 大男は―― 落ちた。

 落とし穴に……


 この落とし穴は、トールという異国の人が考えた罠だった。


 そうだ! ファイヤー!


 僕はその落とし穴に魔法を放った。

 落とし穴には尖った竹と、油を大量に浸み込ませた藁が敷かれてあるのだ。


 激しく炎が舞い上がった! 流石にこれで倒せたか!?


 しかし! 穴から腕が伸び出し―― 大男の身体が這い出てきた。


 まだ来るのか!? 僕はその大男に恐怖する……


 ところが―― 大男は砦に背を向けて、尻を擦りながら引き返して行った。


 その背中を見送っていた僕の額からは、止めどもなく冷たい汗が流れていた。



   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 今思い出しても、嫌な汗が出てくる。


 もし、敵が疲れていなかったなら……

 もし、もっと大人数で攻め込まれていたなら……

 もし、あの大男のような敵が他にもいたなら……


 次に魔王軍が攻め込んできたとき、果たして僕らは防げるのだろうか……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます