男と女の名言集

作者 奈月沙耶

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全119話

更新

  1. 女の本音
  2. 『傷つきたくない私たちは』より
  3. 「人に慣れなきゃ駄目なんだよね」
  4. ネギをしょって鍋に入るようなものだ。
  5. 「肉が食べれなくなったらお終いだよ」
  6. 「結婚相手と出会うかもしれないじゃんっ」
  7. 「もうぐちゃぐちゃだよう……」
  8. 「据え膳食わぬは男の恥っていうでしょ」
  9. あんたは何も努力しなかったのか。
  10. 『わたしって、どんな子ですか?』
  11. 恥ずかしいのはおまえだ。
  12. 『孤独な女優』より
  13. 自分が悪いんだよ。
  14. 『カメリアの恋』より
  15. わたしだけの貴方――。
  16. 『女はそれを我慢できない』より
  17. 「戦う価値のあるオトコなんかそうそういないよ」
  18. 「社内恋愛、しゃーない恋愛って言いますもん」
  19. 『恋愛の価値は終わり方で決まるんだよ』
  20. 「で、誰と誰が番号交換したのさ?」
  21. 「恥ずかしいよ。あれって男が買うモノでしょ」
  22. 「やっぱりさ、友だちは優しいね」
  23. 「こうやって女同士で話してる方が楽しいんだよね」
  24. 「男は三十過ぎてからって言うよね」
  25. 「男女の悲劇はどうして起こるのか分かってる?」
  26. 男はみんなヘンタイなんだ。
  27. 「わたしにとって彼が最初で最後になると思います」
  28. 「バカな男が好きなんだけど、私もさ」
  29. 「ダメ。ズルズルするのは良くない」
  30. 「野望と無謀は違いますよ」
  31. 「感謝の気持ちを忘れてた」
  32. 「ないわけないわよ。忘れてるだけなのよ」
  33. 『青い導火線 クセモノたちの狂詩曲』より
  34. 「姿勢がきれい」
  35. 本当は、会いたいんだよ。
  36. 「恋人からのプレゼントならプライドとステータスが感じられるものでないと」
  37. 「ないものねだりなんだね、結局」
  38. 「告白っていうのは突然なものよ」
  39. 「そしたら私がカーチャみたいに迎えに行ってあげる」
  40. 「バレンタインのチョコレートは格別だ」
  41. 「普通じゃなくなるのが恋愛なの」
  42. 「あなたの罪悪感を私のせいにしないで」
  43. 「思い上がらないで」
  44. 「それならはっきり言ってくれなきゃ」
  45. 「馬鹿じゃないの……」
  46. 「男と女だもん、絶対に分かりっこないんだよ」
  47. 「まずは自分が自律しないと」
  48. 『Lotus 便利屋はカフェにいる』より
  49. 駄目だ、この子。天然すぎて。
  50. 「頼ってあげれば、どんどんカッコよくなるんだよ」
  51. 「もう一度ちゃんとして」
  52. 「親だって完璧じゃないんだよ」
  53. 「心に闇のない人なんていません」
  54. 「お別れのキスだね」
  55. 「それはそれ、これはこれですわ」
  56. 「……欲が深いから」
  57. 「私は、私の言うことに一から十まで従う人が好き」
  58. 「数学や化学だって秩序だった思考の訓練になるのよ」
  59. 「だけどあなたを全部ちょうだい」
  60. 「分かったふうな顔されても、それはそれでムカつくよ」
  61. 男の弱気
  62. 『傷つきたくない私たちは』より
  63. 「子どもって名前を呼んであげると喜ぶでしょ?」
  64. 「じゃあ何て言えばいいんだろうね?」
  65. 「みんなもできるようにしないとならなくなるだろ」
  66. 「それじゃあタクシーじゃん」
  67. 「ビーフだろ。今日はビーフだろ」
  68. 「由梨ちゃんはバカなんだからいじめないでください!」
  69. 「あわよくばと思わない男はいない」
  70. 「ほんとに好きかそうじゃないかくらい分かるよ」
  71. 「オレと肉とどっちが好きなんすか!?」
  72. 『女はそれを我慢できない』より
  73. 「あたりまえだよ。お金で解決。後腐れナシ」
  74. 「男はナイーブなんだ」
  75. 「オレのこと値踏みしてるでしょ」
  76. 「男としてはそれは当然かな」
  77. 「なのに時々、叫びたくなる」
  78. 「後でオレだけに見せて」
  79. 「残り物にはワケがあるんだぞ」
  80. 「好きだから抱いたんだ」
  81. 「大人しくしてれば服買ってやる」
  82. 「俺が悪いんだよな」
  83. 「口に出すのもおぞましいぞ」
  84. 『その場限りの恋人』より
  85. 「いつでも、おまえは、わかってくれてるって」
  86. 『青い導火線 クセモノたちの狂詩曲』より
  87. 「嫌いだねえ。女ってやつは」
  88. 「実は僕、妹のことが好きみたいなんだけど」
  89. 「……あの子が望めばだけどね」
  90. 「会いたいなあ」
  91. 「じゃんけんは心理戦だからさ」
  92. 「いっそのこと流されてしまえ」
  93. 「オーレンカってさ、うちの母親そっくり」
  94. 「先輩は、震えてた」
  95. 間違ってみたかった。
  96. 「わかるんだ、先輩はおれを好きだって」
  97. 「あなたの思い上がりだ」
  98. 「好きなことと信じることは違う」
  99. 『Lotus 便利屋はカフェにいる』より
  100. 「覚悟を決めて、おれを汚して」
  101. 「男は傷つきたくないからシビアになるんだよ」
  102. 「オレ、女の子同士の外見の評価は信用しないことにしてるから」
  103. 「想い出とやらで窮屈になるよりいいさ」
  104. 「男と女なんてそんなもんだって」
  105. 「悲しいのよりずっと厄介だよ」
  106. 「怒るほどのことなんてないんだよ」
  107. 「恋愛なんてデリートと新規登録の繰り返しだろ」
  108. 「生きている感じがしない……」
  109. 「本気じゃないならいちいち言うな」
  110. 「どんなに情けなくたってそうする」
  111. 「ごめんねって頭を撫でてやれば可愛い女に戻るんだ」
  112. 「あんたの息子は馬鹿だよね」
  113. 「仕事の憂さは酒で晴らす。女の憂さは女で晴らす」
  114. 「あなたがいなくちゃだめなんだ」
  115. 「君はそういう人。思い知ったなら受け入れて」
  116. 「女の子は我儘でいいんだよ」
  117. (負けたんだ)
  118. 「間違えないと分からないんだ」
  119. 「そういうのを変わらないっていうんじゃない?」
  120. 「一度くらいしてみたらどうだ。良い経験だぞ」
  121. 「大人なら我慢の一つや二つするもんだ」
  122. こどもの主張
  123. 『青い導火線 クセモノたちの狂詩曲』より
  124. 「それって、すっげえ難しくないか?」
  125. 「レディーに対する口のきき方も知らないなんて男じゃないわ」
  126. 「だからわたしだってがんばるの」
  127. 「ボクがボクじゃなくなるってこと? ありえないでしょ」
  128. 「無駄な事なんかないよ」
  129. ちゃんと努力してるんだ。
  130. 「顔に書いてある」
  131. 『Lotus 便利屋はカフェにいる』より
  132. 「最後には真面目で実直な人が勝つんだよ」
  133. 「金で解決っすかっ。大人は汚い」
  134. 「悪い遊びは悪い大人に習うに限るね」
  135. 「ヒーローは赤! 赤がセンター! 当然です!」