第70話 残念美少女、遠足に行く12



 距離が近づいたためか、ゴブリンの群れ後方から飛んでくる火の玉が、私を捉えはじめた。


 しかし、それは、私を包む青い光に触れた途端、かき消えてしまう。


「こ、これは一体……」


 後ろから、ハイエク先輩の声が聞こえる。

 私は前進してくるゴブリンの隊列に突っこんだ。


「せいっ!」


 私に棍棒を振りおろしかけたゴブリンの胸を、青い光をまとった私の掌底が捕らえる。


 バンっ!


 何かが爆発したような音を立て、そのゴブリンがふっ飛ぶ。


 ゴツゴツゴツっ!


 そんな音を立て、そいつが飛んでいく方向にいたゴブリンたちが、なぎ倒されていく。

 飛んいったゴブリンを、ゴブリンジェネラルの剣が、まっ二つにした。


「ぐおおおおっ!」


 ヤツはそんな雄叫びを上げた。

 馬鹿ね、戦場でそんなことするなんて!


 さっき飛ばしたゴブリンによって、私とゴブリンジェネラルとの間には、道のような空間ができている。

 このチャンスを逃す手はない。

 

 私は、ゴブリンの群れにできた、その隙間に突っこんだ。

 一瞬で、ゴブリンジェネラルの前まで来た私は、ギョッとした顔をしたそいつのどてっぱらに、右の掌底を叩きこんだ。


 あれっ? 効いてないよ? 

 

 ゴブリンジェネラルは、そんな顔をした後、白目をむいて倒れた。

 なぜか、巨体の後ろにいたゴブリンたちが、ボーリングピンっぽく扇状に倒れている。

 なんだこりゃ?


「ふぉふぉふぉ、修行の成果が出ておるようじゃな」


 振りむくと、ゴブリンたちの中を、トゥルースさんが歩いている。

 その余りに無防備な姿に、ゴブリンたちも戸惑っているようだ。

 その内の一体が、思いだしたように、手にした短剣を彼に振りおろした。

 

 その瞬間、トゥルースさんの身体から、何か透明な波のようなものが広がった。

 見えないけれど、なぜか私にはそれが分かった。

 

 ゴブリンの動きがピタリと停まる。 

 ぱたぱたとゴブリンが倒れていく。

 周囲にいたゴブリンで、立っているものはいなかった。


 ◇


「師匠、ありがとうございます」


 ハイエク先輩が、トゥルースさんの前で片膝を着いた。

 しょうがないから、私もその恰好をまねる。


「スタンピードの本体は、まだ来とらん。

 安心するのは早いぞ」


「はっ!」


「レイチェル嬢ちゃん、『布通し』の技、上達したのう」


 以前、トゥルースさんが、垂らした布に手を触れず、穴を開けたのを思いだした。


「精進します」


「ふぉふぉふぉ、スタンピードがよい修行の場になるとよいな」


 彼はそう言いのこし、去っていった。


 ◇


「ハフハフ、うまー!」


 スタンピードの第一波を凌いだ私は、防御壁の中に入り、ロッジの食堂で食事をしている。


「はい、レイチェル、いっぱい食べてね!」 

  

 メタリが私のお皿に、お替りを載せる。

 それはナンのような生地で、焼きたてのソーセージを巻いたものだった。

 ここでの食事は基本、自炊だから、誰かが作ってくれたのだろう。


「レイチェルさん、これもどうぞ」


 マンパが、カップに入ったジュースを渡してくれる。


「ゴクゴク、うわっ、なにこれ!

 すっごく美味しい!」


 それは、ほんのりした甘みと、爽やかな酸味が合わさり、身体の中を風が吹きぬけるような味がした。


「美味しいでしょ!

 これ、マンパの実家で売ってるジュース。

 今は、魔道具より、こっちの方が売れてるそうだよ」


 アレクが説明してくれる。


「確かに、これなら売り物になるわね。

 マンパ君、ありがとう」


「う、うん、えへへ。

 三つの果物を混ぜて作ってあるんだよ」


「へえ、凄いわね」


 マンパに想いを寄せるメタリが、彼に話しかける。


「マンパ、私にレシピ教えてよ」


「ダメだよ、メタリ、それは企業秘密なんだから」 

  

 アレクがすかさず突っこんだ。


「い、いや、別に構わないよ」


 ナティンといい、マンパといい、ほんと純真でいい子たちね。

 

『Y(・∀・)Y あんたも、少しは見習えよ!』


 気のせいかしら、ポチ(カニ)の声が聞こえたわ。


「レイチェル、第二波が近づいてる。

 用意してくれ」


 食堂にハイエク先輩が姿を見せた。

 その先輩に小柄な影が駆けよる。

 それは、上級貴族の娘ラサナだった。


「お兄様!」


 えっ!? お兄様?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます