第56話 残念美少女、懐かれる 


 その夜、夢の中で、私はミーちゃんに会っていた。

 ミーちゃんは、子供の頃、実家で飼っていた長毛種のネコで。

 私が中学二年生の時、どこかへ行ったきり帰ってこなかった。

 

 朝起きた私は、自分が寝ながら泣いていたと気づいた、

 そして、なぜ、ミーちゃんの夢を見たかも分かった。

 毛布の中に、白い魔獣が丸まって寝ているのだ。

 

 それは、昨日、森の中で見たスカンプという魔獣に間違いなかった。

 窓を開けて寝ていたから、そこから入ったのだろう。 

 私が頭を撫でると、ちいさな声を出す。寝言かもしれないわね。


「ククゥ」


 すごく可愛い。

 私は、朝から幸せな気持ちになった。


 ◇


「ねえ、メタリ。

 寄宿舎で魔獣を飼えるかしら?」


「ダメに決まってるでしょ。

 どうして、そんなこと聞くの?」


「いや、ちょっと聞いてみただけ」


「それより、昨日は大変だったらしいわよ。

 ミャートたちが、森でスカンプに襲われたんだって」


「メタリも、スカンプの事を知ってるの」


「まあ、近づいちゃダメって、子供のころに習うからね」


「そ、そうなんだ」


「ミャートは嫌なヤツだけど、今回はさすがに可哀そうね」


 私とメタリは、授業が始まる前、そんな会話をした。


 ◇


 お昼時間、私は大急ぎで学食で食事を済ませると、寄宿舎へ帰った。

 部屋のドアを開けると、白い魔獣は、まだベッドで丸くなっていた。

 ただ、私が近づくと目を覚ました。


「ククゥ」


 そう鳴くと、近づけた私の手を舐めている。

 学食から持ってきた、ナンのようなパンを手のひらに載せてみた。

 スカンプは少しそれを匂ったあと、小さな口で美味しそうに食べていた。

 そのしぐさが余りに可愛くて、また撫でてしまった。


 ◇


 その夜も、私と一緒に寝たスカンプは、次の朝、私が寄宿舎を出ようとすると、足元にまとわりつき、離れようとしなかった。

 強引に引きはなそうとすると、例の可愛い声で鳴く。


「ククゥ」


 それを聞くと、どうしても彼女を捨ておくことができなかった。

 私は教室に行かず、彼女と出会った森に向かった。

 もし、親がいれば、そこへ返した方がいいからだ。


 私が歩いていくと、スカンプも私の後をついてくる。

 一昨日、彼女と出会った草原に来た。


「じゃ、またいつか会おうね。

 さようなら」


 私はそう言うと、後ろ髪引かれる思いで草原を後にした。

 後ろから彼女のかわいい鳴き声が追いかけてくる気がした私は、途中から全力で走り、森を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます