第27話 残念美少女、エルフをもてあそぶ 



 お風呂で、散々妹エルフを撫でまわした後、私は彼女からマッサージを受けていた。

 ベッドに裸でうつ伏せになった私の上に、マイヤーンが馬乗りになっている。

 

「お姉さま、どうですか」


「うむ、妹よ、もう少し強く頼む」


「……分かりました」


 マイヤーンに全身をくまなくマッサージさせた私は、いい気分になり、リビングに出てきた。

 当のマイヤーンは疲れはて、私のベッドで寝てしまった。


 冷蔵の魔道具箱から飲み物のビンを取りだし、ラッパ飲みする。


「ぷはーっ、うめえな、こりゃっ」


 ポチ(カニ)たち『『『この人、おっさんだ!』』』


 ドンはソファーに座り、湖を見ている。


「お姉ちゃん、お腹減った」


「おう、すぐに何か作ってやるから待っとけ」


 調理場に立ったが、魔道調理具の使い方が分からない。

 マイヤーンを起こしてもよかったのだが、もっと簡単な解決策を選んだ。


「そら、これがケーキだぞ」


「綺麗だね。

 お花が付いてる」


「それも食べられるんだぞ。

 これですくって食べてごらん」


「うん……うわっ、甘くておいしいね!」


「そうだろう、そうだろう」


 こうして、私とドンは、マイヤーン家にあるケーキを全て食べつくした。


 ◇


「ケ、ケーキが、王都から取り寄せた、秘蔵のケーキが……」


 翌朝、目を覚ましたマイヤーンが青くなっているが、お姉ちゃんとしては、そんな表情もまた見逃せない。


 マイヤーンが作った朝食を食べた私は、いよいよ、彼女に鑑定してもらうことになった。

 私とドン、マイヤーンが鑑定用の部屋に入る。 


「ドン様は、お部屋から出ていてください」


「えーっ、ボクお姉ちゃんと離れたくないな~」


「わ、私が気になって鑑定魔術に集中できないんです」


 マイヤーンが頬を染めている。


「ドン、少しだけリビングに居てくれる?」


「お姉ちゃんが言うなら、仕方ないね。

 うん、分かった」


 ドンが部屋から出ていくと、鑑定が始まった。

 横になった私の上に、魔法陣が現われる。

 それを目にしたマイヤーンが驚いた顔をした。


「ツ、ツブテ、いや、ツブテお姉さま、この前、鑑定してから、何をしたんです?」


「え?

 特に何もしてないよ。

 ダンジョンを一つクリアしたけど」


「魔闘士レベル3になっていますね。

 ええと、呪文は、『いや~ん、こんなところでぇ♡』です」


 なんじゃ、そりゃ。


「スキルの効果は?」


 ちょっとワクワクして尋ねる。


「身体強化だけですね」


 わずかでも期待した私がバカだった。


「でも、称号が付いてます。

 ええと、『魔宮の覇者』と『魔人のあるじ』ですね」


 ははあ、ドンが魔人だから、そんな称号がついたんだね。

 そうすると、ドンがいたダンジョンは魔宮っていうことになるのか。

 その部分だけは、ギルドに報告しておこう。


「あと、昨日頼まれていたモノの鑑定ですが……」


 マイヤーンは数枚の紙を取りだした。


「私の鑑定でも何か分からないものが、半数ほどありました。

 これはアーティファクトの類でしょう。

 特に、この鏡は逸品です」


 預けていた箱からマイヤーが取りだしたのは、小さな赤い手鏡だった。


「こうして顔の前に持ってくると……」


 マイヤーンは鏡を私に向けた。

 それがピカリと光る。


「なんと、全身が映ります」


 そこには、太った少女が全裸で映っていた。


「ぎゃーっ!」


 私は飛びおきると、鏡も含め、預けていた箱の中身をゴリラバッグに突っこみ、部屋を走りでた。


「ドン、討伐行くわよ、討伐!」


「お姉ちゃん、いいよ。

 でも、トウバツって何?」


「いいから、とにかくベランダに出て!」


「うん、分かった」


 ドンがベランダに出る。


「じゃ、来た時のように私を抱えて、ギルドへ行って」


「うん!」


 ドンはさっと私を抱えると、宙に飛びあがった。


「ドン様ーっ!」


 マイヤーンの悲鳴が私たちを追ってきたが、ここは無視でいいだろう。


 ◇


 マイヤーンは一目惚れの相手が消えた空を、しばらく呆然と眺めていたが、やっとノロノロと動きだした。


「な、なんで、こんな事に……」


 ツブテが手にした鏡は、古代魔術王国のアーティファクトで、顔を写した者の全身を太った姿に変え映しだす。これは、当時、太っている女性が美しいとされており、太っていない女性は、自分の太った姿を鏡で眺め悦にいったという残念道具だ。

 その由来は知らないマイヤーンだったが、ツブテに散々もてあそばれた意趣返しのつもりで、それを使ったのだ。ところが、そのために愛しのドンが去ってしまった。


「おのれ、ツブテめ。

 ドン様は、私のモノ」


 緑色の瞳に狂的な炎を燃やし、エルフの少女はつぶやくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます