第26話 残念美少女、お姫様抱っこされる



「うわー、綺麗ねえ」


 私はドンにお姫様抱っこされ、空に浮かんでいる。

 足元には、森と青い水が広がっている。

 水は私が最初にこの世界に現れた青沼だ。


「ドン、あなた、空に浮くだけでなくて、移動もできるの?」


「うん、お姉ちゃん、できるよ」


 その時、あるアイデアが湧いた。


「じゃあ、あちらの方へ行ってもらえるかしら」


「うん、いいよー」


 ドンに抱えられた私は、空中散歩を楽しみながら目的地へ向かった。


 ◇


 ドンドン


「妹よ、お姉ちゃんが来たよー!」


 鑑定師にして、妹属性エルフ、マイヤーンが住むログハウスの扉を叩いた。


「マイヤーン ハ イマ ルスデス」


 ロボットのような声が、扉の向こうから聞こえる。


「ドン、この扉、開けられる?」


「簡単だよ」


 ドンは私をお姫様抱っこしたまま、呪文を詠唱した。

 魔法陣が扉に浮きあがる。

 私が扉に軽く触れると、それは何の抵抗もなく開いた。


 扉の向こうにいたマイヤーンが、驚いた顔をしている。


「ど、どういうことじゃ!?

 レベル30の魔術師に、封鎖魔術を掛けてもろうたのに」


 そこまでツンするとは、この後のデレが怖いわ、お姉ちゃん。


「妹よ、お姉ちゃんの頼みを聞いてもらえるかな?」


「もう金輪際、あんたの頼みなんて……」


 マイヤーンが急に動かなくなる。

 顔を見ると、目と口が大きく開き、頬がピンクに染まっている。

 いいっ!

 その表情、いいっ!

 私の心に永遠の写メ、カシャリ。


 ポチ(カニ)たち『『『この人、残念!』』』


「ツブテ、いや、ツブテ様、いや、ツブテお姉さま」


 ほらっ、ツンデレ来たーっ!

 それに、この娘、二回も言いなおしたわ。

 いヤツよのう。


「どうしたのじゃ、我が妹マイヤーンよ」


「こ、こ、こちらの方は、どなたでしょう」


上目遣いに、マイヤーンがちらちらとドンの方を見ている。


「最近知りあった、ドンだよ」


「ドン様……なんて素敵なお名前」


 おいおい、このエルフ、瞳がハート形になってるよ。

 ぐふふふ、心の写メに、永遠の一枚を……カシャリ。


 ポチ(カニ)たち『『『やっぱり、残念!』』』


「お姉ちゃん、この人、誰?」


「ああ、ドン、こいつは私の妹だよ」


「ふーん、お姉ちゃんの妹かー」


「ツブテお姉さまの妹、マイヤーンでございます。

 以後、お見知りおきを」


 妹エルフが、初めて見せる優雅な礼をする。

 いいね、いいね。


「マイヤーン、私の身体、また光ったんだよね。

 鑑定してもらえる?」


「お姉ちゃん、鑑定って?」


 ドンが尋ねる。


「ああ、スキルレベルや呪文を調べる魔術だね」


「あれ?

 それなら、ボクができるよ。

 簡単だよ、その魔術」


 えっ!? 

 そうなの?


「妹よ、悪いが鑑定はしなくてよい。 

 さらばだ」


「お、お姉さまっ!

 お待ちを、お待ちをーっ!」


 マイヤーンが私の足にしがみつく。


「なんじゃ、妹」


「鑑定を!

 私に鑑定をさせてくださいっ!」


「だが、お主のところで鑑定すると、金を取られるからのう」


「お金は要りません!

 もう少し、もう少し、ここにいてください!」


 おや、妹エルフの視線は、ドンに釘づけだな。

 これは、あれですか? 落ちてますか?

 落ちてますね。

 ぐへへへ。


 ポチ(カニ)たち『『『この人、怖ひ!』』』


「ふむ、どうしようかのう。

 妹のくせに、態度悪いからのう」


「マイヤーンは、お姉さまの忠実な下僕です。

 なんでも、お言いつけください」


「うーん、どうしようかのう」


「か、鑑定させていただけたら、私がお金を払います」


「うーん、旅で疲れてるから、喉が渇いたのう」


「お茶も、すぐにお出しします」


「お腹も、ちょっと空いてる気がする」


「すぐにお食事もご用意を!」


「お肌が、かさかさじゃ」


「お風呂のご用意を!」


「すこし眠気もあるのう」


「お泊りをっ!」


「そうじゃのう、お風呂とお泊りをお姉ちゃんと一緒してくれるなら、考えんでもないのう」


「もちろんです!」


 ポチ(カニ)たち『『『お巡りさん、恋心につけこむ鬼畜がここに!』』』


 こうして、私とドンはマイヤーンの家に滞在することになった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます