第13話 残念美少女、襲われる


 ギルドでキザをやっつけた夕方、私はヌンチを使ってカニ小隊の訓練をしていた。


「さあ諸君、私の合図によって電撃の強弱を変えるのだ。

 最初は電撃極小からいってみよう」


カニ全員『『『イエス、マム』』』


「まずは、タマ(カニ)から行くぞ」


 ビリ


「ぐあっ!」


「次、太郎(カニ)」


 ビリ


「げはっ!」


「次、花子(カニ)」


 ビリ


「ごはっ!」


 この日の特訓は、カニたちが泡を吹いて倒れるまで続けられた。

 ヌンチがどうなったかは、言うまでもなかろう。


 ◇


 次の日、朝食のために食堂に降りた私は、ヌンチが立ったまま食事している姿に出くわした。


「お早う。

 あんた、なんでそんな格好で食べてんの?」


「ツブテさんが、ここを攻めたからでしょう!」


 ヌンチが自分の股間を指さす。


「うわっ、キモっ。

 ないわ~、朝から自分の股間を指さすって、ないわ~」


 カニ全員『『『この人、鬼畜だ!』』』

 

「痛くて座れないんですよ」


「そう?

 私、男じゃないから分かんない」(他人事)


 カニ全員『『『鬼畜過ぎるっ!』』』


「でも、トマイテは、没落したとはいえ貴族の息子です。

 このままじゃ済まない気がします。

 気を付けたほうがいいですよ」


 トマイテ?

 タ〇痛てえ、みたいな名前だな、おい。


 カニ全員『『『痛いのは、あんただっ!』』』


「ヤツが何かしてくるかもしれないって?

 おう、望むところだ。

 返り討ちにしてやる」


「せ、戦国武将ですか!」


 指輪の翻訳機能すごいな。「戦国武将」って、この世界ではどんな言葉なんだろう。


 ◇


 朝食の後、私は細々こまごました生活必需品を買いに街に出た。

 この街にはスーパーやコンビニなどのように、いろいろなものをまとめて売っている店がない。

 だから、洗顔用品ならその専門店で、筆記具ならその専門店で買わなければならない。

 数軒の店を回った後、そろそろランチにしようかと思っていると、そいつらがやってきた。


「おい、昨日は、よくもやってくれたな」


 まっ赤な顔のアフロヘア、キザを先頭に、ガラの悪い男たちが十人程いる。


「顔貸してもらうぜ。

 嫌だと言っても、連れてくけどな」


 怯えた顔で、それを見ていた店の主人に、抱えていた荷物を渡す。


「後で取りに来ますから、預かっておいてください」


「じょ、嬢ちゃん、大丈夫かい?」


 気のよさそうなおじさんが心配してくれる。

 彼に笑顔だけを返し、男たちの後を追った。


 ◇


「ここら辺でいいだろう」


 キザ男は木立に囲まれた円形の草地に立つと、こちらを見た。

 男たちが、ずらりと横一列に並ぶ。

 おいおい、ここは包囲するのがセオリーだろう?

 こいつら、私をなめてるのか?


 敵の戦力は、魔術師だろうワンドを持つ者がキザ男を含めて四人、短剣を持つものが四人、大剣を持つ者が二人だ。

 誰一人盾を持ってないって、ホント私をなめてる。

 

「じゃあ、たっぷり反省してもらおうか」


 キザ男がニヤニヤ笑いを浮かべる。

 戦闘中に無駄口を叩くなど愚の骨頂だ。


「キモっ!

 そして、ウザっ!」


 私の声に、キザ男の目が吊りあがる。


「やっちまえっ!」


「「「おおっ!」」」


 男たちは、一斉に私を攻撃しようとした。

 私は静かに号令をかける。


「出力小」


 その合図で、男たちの股間に取りついていたポチ(カニ)たちが一斉に電撃を放った。


 ビリビリビリっ


「「「「きゅっ」」」


 そんな声を上げた十人の男たちが、もの凄く内股になっている。

 ポチ(カニ)たちは、全員が男たちの股から離れると、草をかき分けカサコソとこちらに戻ってきた。


「諸君、ご苦労。

 後で望むものをやろう」


 私はポチ(カニ)たちをポーチに戻した。

 なぜか、全員、ポーチに入る前に片方のハサミをさっと挙げていたから、あれは敬礼のつもりかもしれない。

 私は白目をむいた男たちにゆっくり近づく。

 

「歯を食いしばれ!」


 そう言うと一番左の男に膝蹴りを放った。

 

 ポチ(カニ)たち『どうして、股間やねん!』


「パっ」


 膝を食らった男が、そんな声を上げてぶっ飛ぶ。  

 

「歯を食いしばれ!」


「ピっ」


 ポチ(カニ)たち『だから、なんで股間に膝やねん!』 


「プっ」 

「ペっ」

「ポっ」


 あっという間に、十人の男が倒れる。

 なぜか、全員おかあさんのお腹にいた時の姿勢になっている。


「お前ら、また、生まれ直してこい」


 決まった!

 ねえ、私、今のセリフ決まったでしょ?


 ポチ(カニ)たち『『『この人、どこまでも残念!』』』


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます