ファイナル・ジ・アース ~禁呪の女魔導士~

作者 雲江斬太

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超面白かった!
SF用語で書かれたファンタジー?と思いながら読んだけど、途中で納得。これ、特撮系ですね。
必殺技は大声で叫ばないとね!うんうん。
最初の方の、用語がちょっと取っ付きにくいかなと思いますが、2話目からグイグイ引き込まれて行きます。チョースケ、次の冒険はなんだろう?まだまだいろいろと巻き込まれそう。続編を楽しみにしときます。

★★★ Excellent!!!

チョースケ超特急!

……何を言っているのか分からないでしょう。これはね、重要ですよ。重要な言葉ですよ。本文を読む中で、「ファイナル・ジ・アース」並に大切なワードですよ! もう、今からメモして!
もうね。
なんか頭にこびりついてるんですよ、このワード。

さて。
このお話は、SFにジャンル分けされていますが、十分にファンタジー要素を含んだお話だと思っています。
主人公の見習いドライバーである、不死鳥・サンタマリア(通称チョースケ)は、もう『後が無い』状況の中、ブードゥー科学を使用するドライバーの「きいちこ」に、サポートを依頼し、ミッションに挑むのですが……。

魔導あり、裏切りあり、成長物語あり、の、このお話。二転三転しますよ、覚悟召されよ。

そしてですね。
後半になればなるほど、熱いんですよね。物語の温度というか、密度が上がっていくんです。

タグの通り、最後にはきっと、大声で叫びたくなるでしょう。

「ファイナル・ジ・アース」って!