風錬のしょうもない話

作者 風錬

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

このエッセイからは、自己に埋没し過ぎてしまったり、
他人に向けて意見を押しつけるような雰囲気はなく
あくまで「自分は周囲に対してどういう考え方なのか?」
という観点から主に書かれている感を受けました。

従って自己を主体としながらも、客観性や他者の視点を想定出来る
観察力をお持ちのように思います。
他の作品も拝見させて頂きましたが、主題を発展させて
独自の考え方にもっていくのは、創作家らしくて魅力的です。

その意味で、漫画家に近い洞察性もお持ちのような気がしました。

それが様々なシチュエーションを題に取るバラエティさにつながり、
文体もコミカルで読みやすく、作者さまと対話しているような楽しさが
感じられます。

ただ私見ではありますが、客観性やバランス保持の影響からか、
作者さまは、多少、感情を殺そうとしているような感がしました。

実際は内に秘める作者さまな気がするので、もしそれが表に発動したら、
二次元に立ち向かえるだけのロマンを出してきそうな気がしてなりません。

★★★ Excellent!!!

このレビューは飽く迄、超個人的なモノなので、他に読んでくれた方は、参考にしなくても結構です。(笑)

こういう投稿サイトでは、同好の士と出会う事が多いようで少ない。
また、出会い自体を毛嫌いする人もいるので、馴れ馴れしいのを嫌う人もたくさんいる。

作品も作家もたくさん。
でも、思想や価値観はそれぞれで、投稿していると孤独を感じる時が結構な割合である。

風錬さん(エッセイの筆者)と知り合ったのは、(といっても、サイトを介して、のみですが)何がきっかけかも覚えてない。

だけども、僕の下品なノリに付き合ってくれたり、気兼ねなくやり取りをできるのは、カクヨムを使って以来、一番嬉しい時かもしれない。

と、まあ、書いたら一万文字くらい、いきそうなので、割愛。

筆者は気を遣い過ぎて、身体を壊す程、優しい方だ。

筆者に共感した方は、ぜひ彼と交流を楽しんでもらいたい。

ちなみに、書いている物は、展開と読みやすさが抜群で、面白い。
なのに、他の作品に埋もれてしまっているのが、自分の事のように悲しい今日この頃である。