英雄殺し

作者 蒼井金太郎

思わず固唾を呑む本格的ダークファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

重厚、圧巻、壮観。第一幕を読み終えた時点での余韻が半端ないです。
ただのファンタジーだとオブラートに包む部分や、面倒なところは省く設定もリアルに再現されており、これぞまさにダークファンタジーだと言える作品。本格的とはこのこと。
異国で言葉が通じないというのは、普通ならみんな共通語!とするところ、そうしなかったのが重厚な物語に繋がっています。
さらに、ダントツですごいところがバトルシーン。
ダークだけに、こちらの顔がしかめ面になる程の残虐さと本格的交戦で、読んでいる時間を忘れてしまう程、集中させられました。
出てくるキャラクターそれぞれにも感情移入してしまうため、敵であっても亡くなると、ひどい喪失感を味わいます。
ストーリー、登場人物となにをとっても完成度の高い確立された世界観です!

読み求めているものは、テンプレではなくライトノベルでもない、本物のダークファンタジーなんだ!という方、とにかくこの作品を読んでみてください。圧倒されます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

絵本カナタさんの他のおすすめレビュー 101