英雄殺し

作者 蒼井金太郎

32

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魅力ある世界観の上に成り立つキャラクター達は個々に強烈な光を放っていました。

1人1人が主人公にできる程のキャラクター性だと思います。


リアルらしさが目立つ舞台で、政情不安から始まる悲劇の描写、また、国家間の違いによって言語コミュニケーションが取れなかったという描写。

キャラクター達が強く「生きる」という熱を感じました。

多様な環境下で生きるキャラクター達の今後に物語への期待値は高まります!

★★★ Excellent!!!

 「人斬りの半生を描くダークファンタジー」への期待感は、プロローグを読めば一目瞭然。
 圧倒的迫力を伝えるハイレベルな描写と、大規模な戦闘シーンへの興奮が、おのずとページをめくる手を本編に導きます。

 バトルだけでも十分な味があるのに、この作品はそれだけじゃない。
 物語の地盤となる世界背景が非常に緻密で、歴史作品と銘打っても過言ではないリアリティ。
 登場人物の魅力だけじゃない、それぞれの国の勢力関係や文化に関しても、読み応え抜群の作品です。

 読者の腹を満たしてくれる文章が詰まった、肉厚のダークファンタジー。
 これは味わうしかありませんよ!