第212話少年期[202]予想するのも楽しみの一つ

ゼルート達が野営を始めてから夕食が終わり、今はゼルートのお手製のテントでのんびりしていた。


「ねぇゼルート」


「なんだ、アレナ? 腹が減ったのか? 飯ならまだあるから・・・・・・」


ゼルートは半分本気、本文冗談でアレナに聞いた。


「そんな事一言も言ってないでしょ!!! たく、女にそんなこと言う物じゃないわよ」


「悪かった。俺が悪かったからそんな怒るなよ」


ゼルートは本当に悪かったと思い、手を上にあげて降参のポーズをとった。


「私は少し小腹がすいたから何かくれないか」


ゼルートのデリカシーの無いセリフを、全く気にしていないルウナがゼルートに飯を求めて来た。

ゼルートはルウナらしいなと思い、アイテムリングから皿を取り出してその上にハムや野菜を薄切りにした物、オークの肉などを挟んだものをルウナの前にだし、ついでにコップを取り出し、牛乳を注いだ。


目の前に出されたサンドイッチの良い匂いのおかげで、さらに腹が減ったのか直ぐにサンドイッチに齧り付いた。

それをアレナはため息を吐きながら苦笑いしていた。


「それで、俺に何か用があったんじゃないのか?」


「そうだったわ。ゼルート、ぶっちゃけ最下層のボスの魔物って何だと思う?」


アレナがゼルートの質問にルウナも興味があったのか、サンドイッチを食べながらも意識はゼルートとアレナの会話に向いていた。


アレナの質問に、ゼルートは直ぐには答えることが出来なかった。

ゼルートは今回、純粋にダンジョンを楽しみたいと思っていたので、そう言った下調べはしていなかった。


(最後の階層の・・・・・・ラスボスはどんな魔物か・・・・・・。ぶっちゃけ全くもって想像がつかないな。ただ、ランク上の強さはCランクの最上位・・・・・・もしくはBランクの強さに足を突っ込んでいる魔物だろうな。公爵家の試練に選ばれるような魔物だ、一筋縄ではいかないだろうな。十階層のボスがオークだったから人型の魔物、っていうのは安直すぎるか。でも、そんな特殊な魔物が出てくることはないと思うな。試練の内容は公爵家の人が、貴族の人が戦おうことが前提とされている筈だ。貴族の戦い方は恐らく対人戦を想定にしているのが主なはず。だからそこまで昆虫系、魚系、爬虫類系は無いと思うんだよな・・・・・・だとしたらやっぱり人型か。だとしたら・・・・・・)


ゼルートの考えている時間がいつもより長かったので、アレナは少し心配になった。


「ちょっと、ゼルート。どうしたの?」


「・・・・・・ん? ああ、悪い悪い。少し考え込みすぎてた。でも、一応予想は出来たぞ」


「おぉーーー、流石ゼルートだな。それで、どんな魔物がいそうなんだ?」


ルウナはゼルートが出したサンドイッチを全て食べ終わっていた。


(俺、確か五~六個出したはずなんだけどな。それに、いつもより長考したっていっても、一分ぐらいしか経ってない筈だぞ。いくら何でも食べるの速すぎるだろ)


ルウナのサンドイッチを食べる速度に少し呆れながらも、ゼルートは自分の予想を離した。


「本当に俺の勝手な予想だけど、多分オーガの上位種じゃないかって思う」


「・・・・・・理由は?」


「貴族の戦い方って、基本的に対人戦を予想したものだろ。だからボスの魔物もそこまで異形な魔物じゃないと思うんだ。だから恐らく人型の筈だ。そんで公爵家人間が試練として戦うにちょうどいい魔物の強さって考えるとオーガの上位種かなって思ったんだ」


「ふむ・・・・・・ゼルートの考えには確かに一理あるな」


「確かにそうね。でも、オーガねぇ・・・・・・ちょっと厄介ね」


アレナの言葉にゼルートは何故? と疑問に思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます