第210話少年期[200]命は・・・・・・当たり前だけど、なくなれば二度と戻らない

「お、おおおお前こそ。お、俺がだだだ黙ってたらす、好き勝手言いやがって」


ザンガはゼルートの威圧感、視線等々に怯えながらも逆ギレした。

そんなザンガを少し離れた所から見ていたアレナは、ザンガの事をある意味凄いと思った。


(あの人、まだ完全に怒っていないとはいえ、そこそこ怒って、威圧のスキルまで使ってるゼルートに対して、逆に怒るなんて・・・・・・ゼルートうっかりあの男を蹴り飛ばしたりしないかしら?)


基本的に相手が自ら挑発したり、喧嘩を売ってきたりしなければ、ゼルートは相手に手を出さないとアレナは思っているが、今回は相手の態度がひどすぎるのでもしかしたらとアレナは考えた。

だが、こういった相手には短気なゼルートも手を出しはしなかった。


「・・・・・・お前、本当に阿保だな。俺は好き勝手言ったんじゃない。事実を言っただけだ」


ただ、手を出さないとは言えゼルートがキレている事には変わりなかった。

しかし、今回のゼルートは自分に対しての暴言にキレているのではなく、仲間が死ぬかもしれなかった状況なのに自分の考え、気持ちを優先していたザンガに対してキレていた。


「さっきと同じようなこと言うけど、お前・・・・・・仲間の命を何だと思ってるんだ。そういうスタンスで冒険するならパーティーを組むんじゃなくて、ソロで冒険をしろ。そうすればお前がどんな行動をしようが、どんな失敗をしようが死ぬのはお前一人だけだ!!! でも、パーティーを組んでるなら話は全く別だ。仲間の命はお前の道具や駒じゃないんだぞ・・・・・・なくなれば、二度と戻らないんだぞ!!! それがどういうことなのか、お前は本当に分かってんのか!!!!」


静かで冷たい声から一変、大きな怒りの籠った声を上げたゼルートに対して、その場にいたアレナとルウナ、セフィーレ達も含めた全員がビクッ、と肩を震え上がった。


「・・・・・・・・・・・・」


先程まで威勢良く吠えていた勝気な男は、今になってようやく自分がしていた事の内容を理解し、地面に膝をつき何も言えなくなった。


そんなザンガを見た仲間の三人は、たくさん文句を言いたいと思っていたが、何とも言えない顔になった。

ゼルートは言いたい事は全て言ったので、最後に一言だけ言ってその場を離れた。


「お前の今後がどうなるのか知らないけど、本当に自分勝手な行動は控えた方が良いぞ。一人になりたくなかったらな」



アレナとルウナと一緒にセフィーレ達の所に戻っている間、ゼルートは直ぐにアレナにいじられていた。


「ふふ、いきなり大声を出したからびっくりしたけど、中々かっこ良かったわよゼルート」


「・・・・・・だから茶化すなっての。別に本心じゃなかった訳じゃないんだけど、かなり恥ずかしかったんだからな。はぁ~~~~~。たく、いつか絶対にこういった事で、羞恥心的な意味合いで後悔しそうだな俺」


ゼルートは今後何かの弾みで言ってしまうかもしれない恥ずかしいセルフに、頭を抱えながらため息をついた。


「? さっきのゼルートのセリフはとても良いものだと私は思うぞ。私としては、ああいった事実を言われたのにも関わらず、逆にゼルートに怒った人に対して、ゼルートが強烈な一撃を加えてしまうかもしれないことが心配だな」


ルウナの言葉にゼルートはそっちかよ!! と突っ込んだが、アレナも同じことを考えていたので、もしその時はどうしようかと、割と真剣に悩んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます