第204話少年期[194]・・・・・・どっちだ??

ゼルート達はセフィーレ達の元を離れ、リザードマン二体と戦っている冒険者達の元に向かった。


(距離は・・・・・・この辺でいいか)


ゼルートは右手を横にだし、アレナとルウナに止まれの合図を出した。

そして、冒険者達に向かって声を掛けた。


「おいっ!!! 助けはいるか!!!」


ゼルートの声に気が付いた冒険者達はこちらに気が付いたが、リザードマンと戦っている両手斧で戦っている冒険者がゼルートの助けを断った。


「どこの誰だかしらねぇが、手を出すな!!! こいつらは俺達の獲物だ!!!」


助けは要らないと言われたが、ゼルートは一応他のメンバーに目で助けは要るのかと合図を送った。

そこで両手を使っている勝気な男と同意見なら、直ぐにセフィーレの元へ戻ろうと思っていたが、見事に意見が分かれていた。


「お願いします!!! 礼なら必ず後で払うから手を貸してください!!!」


「どうか後ろのお二人もお願いします!!! 戦いが終われば必ず礼はしますから!!!」


(意見真っ二つだな。もう一人戦ってる男の人は答える余裕もなさそうだな。さて、これはどうしたらいいんだろうか??)


完璧に意見が違っているので、どう動いていいのか分からなくなったゼルートは、アレナの方を向いた。


「なぁ・・・・・・どうしたら良いと思う?」


「どうしたらって・・・・・・そうね。まぁ、相手がリザードマンじゃ、後数分もすれば殺されるわね、確実に。あの人たちがどんな秘策を持っているのか知らないけど、奇跡の逆転は恐らく無いわ」


アレナの考えを聞いて、ゼルートはもう一度だけ助けがいるのかどうか聞いてみることにした。


「おい!!! もう一回聞くけど、助けは要るのか!!!」


ゼルートの声に、また勝気な男が助けを拒否しようとした、が。


「だからいらねぇって、言ってんだ「お願いします!!!! 何でもお礼はしますから、だから助けてください!!!」おい!! なに勝手なこと言ってんだ!!!」


勝気な男のセリフに後ろの女がかぶせて来て、助けを求めた。

それに怒鳴る勝気な男だが、先程は何も言わなかっもう一人の男が、声を上げた。


「私情で、仲間の命を、危機にさらすな!!!! バカゼンツ!!! 頼む!!! 礼、は。必ずするから、頼む!!!!」


もう一人の男の助けを求める必死な声を聞き、ゼルートは助けに行くことを決めた。


「良かったわねゼルート、お礼はなんでもらしいわよ」


「茶化すなっつーーーの」


アレナの言葉に苦笑いしながら、ゼルートはリザードマンの方へと走り出した。

ゼルートがこちらに向かって来るのに気づいた一体のリザードマンが、必死に助けを求めて来た男をロングソードで力任せに押飛ばし、ゼルートの方に飛び出してきた。


(さすがCランク、オークみたいなDランクと比べると判断力が段違いだな。行動も速い)


リザードマンは走りながら、ゼルートに向かって上斜めからロングソードを斬り裂こうとした。


「シャアアアアア!!!!!」


(まぁ、だからといって安々斬られる俺じゃ、ないんだけどな!!!)


ゼルートは一瞬で足に魔力を込め、加速しリザードマンの懐に入り込んだ。


「せっ、やあああ!!!!」


そのままリザードマンの腕の動きも力に加え、綺麗に旧式一本背負いを決めた。


「シャッアア、アア!!!???」


そしてゼルートはリザードマンを空中に投げた。


「お、らああ!!」


空中で一回転し、蹴りを決めてもう一体のリザードマンの方へ吹っ飛ばした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます