第202話少年期[192]・・・・・・やっちまったぜ

「皆もとりあえず食べてみてください」


ゼルートの一言に、涎を垂らしそうになっていたソブル以外の全員はフォークで卵焼きを刺し、口に運んだ。

それは頭の固い、典型的な貴族のローガスも例外ではなかった。

ローガスも直観的に旨そうに思えた卵焼きの誘惑には敵わなかったようだ。


ソブル以外が卵焼きを食べ終わると、全員絶賛の声を上げた。

ゼルートはその声を聞いて、結界石を使って外に声が漏れないようにしていなければ、セフィーレ達の声により、魔物達と他の冒険者達に居場所がばれていたんじゃないかと思い、冷汗が背中に流れた。


それからセフィレー達は、卵焼き以外の料理も食べてはいるが、卵焼きの数が減るのが圧倒的に速かった。

僅か数分でなくなってしまったので、ゼルートが食事の最中だと言うのに、また卵焼きを作ることになった。

ゼルートは流石に勘弁して欲しいなと思ったが、自分がセフィーレ達の立場なら同じようにもっと食べたいと思うだろうと思い、もう一度木を集めて火を付け、アイテムボックスから長方形のフライパンと卵を取り出し、卵焼きを作り始めた。


それからゼルートは二十分間、延々と卵焼きを作り続けた。

ゼルートが作り続け、さらに盛り付けていくがセフィーレ達によってどんどん食べられ、結局ゼルートは夕食で卵焼きを食べることが出来なかった。


ちなみに、ラルもちびサイズになり美味しそうに卵焼きを食べていた。


「ふぅーー、とっても美味しかったわ。流石ゼルートが考えた料理ね」


「アレナの言う通りだな、卵を使った料理でこんなに旨い物があるとはな。恐れ入ったぞゼルート」


「いやーーーー、本当に旨かった。これは帰ったらすぐに家の料理人に作り方を教えなきゃな」


「確かにそうだな。旨い上に簡単に作れる・・・・・・良い料理だ」


「そうですね。ダンジョンの中でこんなに押しい料理が食べられるなんて・・・・・・本当に贅沢です」


「・・・・・・・・・・・・」


「ソブルの言う通り、家の料理人に教えたいな。構わないか、ゼルート」


「・・・・・・お好きにどうぞ」


卵焼きを作り続けたことで、いつもは味わうことのない疲れを感じていたゼルートは、特に何も考えずに返事をした。

独自に考えた料理はその味によっては、レシピを売ることで大金が手に入ることもあるのだが、作り方になにか秘密があるわけでもく、元々教えても良いと思っていたが、今のゼルートにそんな事を考える余裕はない。


だが、セフィーレは公爵家の娘ということもあり、自分が考えた料理のレシピを売ると言う事がどれだけ重要なのかを理解しているので、ゼルートに依頼の報酬とは別に、卵焼きの作り方を教えてもらうことに関しての報酬を用意しようと思った。


(はぁ~~~~~、まさかこんな事になるなんてな・・・・・・完全に油断してた。俺にとって美味しいが、たかが卵焼き。でもみんなにとってはそうでないって事だよな。う~~~~ん、やぱり料理って偉大だな。しかしおかげで全然夕食が食べれなかったな・・・・・・夜にこっそりと一人で美味しいご飯を食べるとするか。いや、ラルにだけはばれるだろうから、あいつに何を差し入れするか考えておこう)


ゼルートは完全に予期していなかった出来事に疲れ果てていたが、その分深夜に自分とラルでこっそり美味しいご飯を食べてやろうと考えた。


ローガスは卵焼きに関して感想は述べなかったが、とても満足げな顔をしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます