第195話少年期[185]死と隣り合わせの戦い

考えを纏めたソブルは、部分的に体に魔力を纏わせるのは初めてだが、完全に安定はしていないが足と短剣の刃だけに魔力を纏わせた。


(倒さなくていい、リシアに注意がいかないようにしながら体力を削ればいい。無理をする必要はない。冷静に判断するんだ。熱くなるな)


ソブルは自分に言い聞かせながら心を落ち着けた。

冷静になったソブルは態勢を低くし、オークウォーリアーに向かって走り出した。


(相手の動きをよく見るんだ)


真正面から自分に向かってきたソブルに対して、ロングソード斬り付けようと大振りに振りかぶった。

ソブルは、オークウォーリア―の腕が降りあがる前を狙って、事前に緩めてあったスピードを上げた。


狙い通り、ソブルはオークウォーリアーがロングソードを振り終わる前に、懐に潜りこむことが出来た。

そしてオークウォーリアーの腹を、刃に魔力を纏わせた短剣で斬りつけた。


「ブモモモっ!?」


(今だっ!!)


ソブルはそこから連続で斬る付けることはせずに、直ぐに床に跳び、リシアの前に戻った。


(よしっ!! 速さはこっちの方が上だ。焦る必要はない、時間をかけて傷を増やすんだ)


ソブルは今回が上手くいったからと言って今度も上手くいくとは思わずに、最悪の想定を考えながら突っ込んだ。



ソブルが作戦を考え、行動し始めてから五分程が経った。

現実では五分しか経っていないが、一撃でも当たれば致命所になりかねない攻撃を、ヒットアンドアウェイで躱しながら攻撃を繰り返しているソブルにとっては体感で、二十分程に感じていた。


それを後ろで締めの一撃に備えてタイミングをうかがっているリシアも、命がけで戦っているソブルを見ているせいで、体感時間が現実より長かった。


ギリギリの状態で戦い続けているソブルの精神は、かなり削られていた。

だが、そのおかげもあり、オークウォーリア―は血を大量に流し、最初の時より格段に動きが鈍っている。


「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・」


(後、魔力も残り少しだな。・・・・・・次で最後だな)


ソブルは左手でリシアに合図を出し、オークウォーリアーに最後の突撃を行った。

戦いの中で、ソブルへの警戒を最大限まで上げたオークウォーリアーは最初から構えていて、いつでも迎撃できる体制を取っていた。


ソブルは最後に残っていた魔力を短剣の先に全て込め、オークウォーリア―の顔面にめがけて突きを放った。

突きによって放たれた魔力の塊はオークウォーリア―の顔面に向かって一直線に飛んだ。


だが、それは戦いの中で一度見ていた手だったので、オークウォーリア―は焦る事なく、ロングソードで弾き飛ばした。


「ブモオオオオ!!! ブモォオオ!!??」


魔力の塊を弾き飛ばしたはずのオークウォーリア―の目には、ソブルが持っていた短剣が突き刺さっていた。


「はっ、やっぱりオークぐらいだと、学びはしても予測はしないみたいだな」


ソブルは魔力の塊を放った後、短剣もそのままオークウォーリアーの顔面に投擲していた。

それは見事に命中し、オークウォーリアーの手からロングソードを手放すというお釣まで着いてきた。


「後は・・・・・・お前がやっちまえ、リシア」


オークウォーリアーの意識が全てソブルに向いた瞬間、足に少しの魔力とメイスに残りの魔力を全て纏わせたリシアがオークウォーリアーの視界から外れるために上に跳んだ。


そして作戦通り、オークウォーリアーはリシアの事が全く見えておらず、おまけに武器に持っていない状態になっていた。


「はああああああぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!!!」


メイスにほとんどの魔力を込めたリシアは、持てるを力、魔力を全て込めてオークウォーリアーの頭を、文字通り叩き潰した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます