第189話少年期[179]瞬・殺!!

ゼルート達がボス部屋に入ると、そこには大きな棍棒を持ちどっしりと構えているオークが三体いた。


「「「ブモオオオォォオオオオオオオ!!!!」」」


入って来たゼルート達を確認すると威嚇のためか、大きな声で雄叫びを上げた。

だが、そんな雄叫びにゼルートは一切怯むことなく、ボス部屋を見回していた。


「へ~~~~~、ボス部屋って結構広いんだな。縦横、どっちも三十メートルちょいってところかな。でも、ボスがいるだけで後は何もないんだな。腹とか減って餓死しないのか?」


怯むどころか、余裕過ぎる状態だった。

後ろにいるアレナ達もゼルートが負けるとは一切思っておらず、オーク達に対して微塵も恐怖を感じていない。


そんなゼルート達の様子に腹を立てたのかもう一度雄たけびを上げると、三体同時に走り出し、ゼルートに襲い掛かって来た。


「・・・・・・まぁ、そこまで変わるわけじゃないよな」


ダンジョンのボスのオークは、地上にいるオークと比べてステータスが高い。

地上のオークが倒せたからといって楽勝だろと思って挑むと、死にはしなくても大怪我を貰ってしまう可能性があるほどの強さは持っている。


だが、ゼルートからすれば、それは微々たる差だった。


「時間かける必要な無いし、さっさと終わらすか」


ゼルートは拳に溜めていた魔力を、三体のオークの顔めがけて放った。


「並列、三連マグナム」


放たれた魔力の弾丸は、オークの頭をそのまま抉り取った。

体だけになったオーク達は、走っていた勢いのまま、地面に倒れ伏した。


三体のオークは、ゼルートに触れることすら出来ずに絶命した。


「まぁ、当然の結果よね」


「そうだな。ただ、こうもあっさり殺られるところを見ると、オークとはいえ少し同情するな。少しだけだが」


アレナとルウナは、ゼルートが目の前の光景と、同じものを見たことがあるので、全く驚くことはなかった。


「いや~~~~~、こんな感じになるんじゃないかとは思っていたけど、いざ見るとやっぱり凄いな」


「ああ、そうだな。だが、今のゼルート殿の技が才能ではなく、技術によって行うことが出来ると言うのが、私は特に感心するべきところだと思う」


「そうですね・・・・・・魔力操作がどれだけ大切か思い知らされますね」


「リシアの言う通りだな。早くこの事をお父様や姉上、騎士団の皆に伝えたいものだ」


「・・・・・・」


ソブル、カネル、リシア、セフィーレは目の前でオーク三体をその場から動かずにオーク三体を瞬殺するゼルートの技に感心していた。

ローガスだけはまた無意識に失言をして、セフィーレの怪訝を損ねてしまうかもしれないと思い、何も喋らなかった。


そしてボスのオークが倒されたことで、宝箱が出現した。

宝箱の権利は、元からゼルート一人で倒すと決めていたので、ゼルートが貰うことになった。


「相変わらずどんな原理で宝箱が出現するのか、全く分からないわね」


「でも、その分からない原理で出てくる宝箱を求めて、ボスに挑む冒険者も多いんじゃないか」


「流石ゼルート、良くわかってるじゃない。こういった物があるからダンジョンに人が集まるのよね」


アレナと会話しながらも、ゼルートはこの宝箱が当たりか、ハズレなのか、少しドキドキしながら開けた。


「これは・・・・・・」


宝箱に入っていた物は、銀貨が十数枚と、魔法石のインゴット二つだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます