第186話少年期[176]将来が楽しみ

「ゼルートにしては随分と赤の他人に優しかったな。何か考えがあったのか?」


先程ゼルートが出会った若い冒険者達が、もう一度ゼルートに礼を言った後、ルウナがゼルートに真意を聞いてきた。

理由を聞かれたゼルートは頭をかきながら、少しニヤっとしながら答えた。


「まぁ、ちょっとはな。あいつらが俺に助けられたって言う事が広まれば、多少なりとも評判は良くなるだろう。それに、もし今後あいつらに会った時に、何かしら事件が起きた時に借りを返してもらうっていう名目で、手を借りれるかもしれないだろ。まぁ、そんな事があるかは全く分からないけどな。確率で言えば何十万、何百万分の一ぐらいだろうし」


打算的なゼルートの考えを理解し、後ろで聞いていたアレナ達も納得した顔をしていた。


「でも、それだけじゃないぞ。確かにあいつらは赤の他人だったけど、別に嫌いってわけじゃない。あそこで傲慢的な頼み方だったら普通に見捨てたよ。仲間の為にっていう、気持ちが感じ取れたから助けたんだ。それに、なかなか見込みがありそうな奴らだったしな」


「そんなに有望そうだったのか? 私の目にはそこまで強くなりそうには見えなかったが」


「結構有望だったと思うぞ、あいつらが罪人じゃないか確認するためにスキルを使わせてもらったけど、その時に中々良いスキルを持っていたからな。レベルと、装備、準備がもう少し、しかっりとしていたら多分十階層は突破していただろうな」


ゼルートに最初に頭を下げた少年が持っていたスキルは、切れ味増加。少年と一緒に頼み込んできた少女が持っていたスキルは、クモの糸。深手を負った少女を背負っていた大きな少年が持っていたスキルは、分散。大きな少年に背負われていた少女が持っていたスキルは魔力吸収中だった。


(ありゃーー、スキルをしっかりと理解しちゃんと扱えるようになれば、五年後から十年後間にはBかAランクにはなっているはずだ。クモの糸ってスキルはかなり面白そうなスキルだったな。完全に使いこなす事が出来れば、かなり便利なスキルになるはずだ)


「助けておいて良かったと思える強さを秘めていたよ。あれは今後絶対に成長していく。伸びしろも多そうだったしな」


「ほう、ゼルートがそこまで言うか。もし、今後あの少年少女達に会ったう事があれば、手合わせを申し込もうか」


獰猛な笑みを浮かべたルウナを見たゼルートは、余計な事を言ってしまったかなと思った。


(まぁ、ルウナも相手の迷惑になるかどうか位は、しっかりと考えて行動するだろうからそんなに心配しなくても大丈夫か。ただ、強くなる可能性を秘めているのは本当だしな)


ゼルートは良い出会いに感謝しながら、自分に向かって来る魔物をささっと倒し、十階層を目指しながら進んだ。


十階層にたどり着くまでソブルが罠を解除し、ゼルートとラルが魔物を倒していき、問題なく十階層に降り、ボス部屋の前に問題なくたどり着くことが出来た。

そしてボス部屋の大きな扉の前に、五組の冒険者のパーティーが並んでいた。

その後ろにゼルート達も直ぐに並んだ。その時に、公爵家のセフィーレが順番を待つことに不満を持ったローガスが、公爵家の名を使って一番に並ぼうというアホな事を提案したが、セフィーレにあっさりと切り捨てられ、説教されるという事件があった。


ちなみに、一番前の冒険者のパーティーに賄賂を渡して順番を譲ってもらうという方法がないわけではないが、普通に他の冒険者から恨みを買いそうだっのでゼルートはそれをしなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます