第182話少年期[172]バカには相応しい罰、かな?

ゼルート達がぐっすり睡眠に入ってから八時間程が経ち、ゼルートは二番に起きた。


「・・・・・・二度寝したいけど、起きた方が良さそうだな」


ゼルートはとりあえず、テントの外に出た。


「おはよ、ラル。昨日はぐっすりと寝れたか?」


『はい、とてもぐっすりと寝ることが出来ました。やっぱりベットは良い物ですね』


ラルは欠伸をしながらゼルートの質問に答えた。ちなみに念話というスキルを使って、ゼルートの頭の中に話しかけている。

そして、結界石で作られた結界の外にある者を見た。


『ところでこいつらはどうしますか?』


そこには、結界に触れて電撃を浴び、動けなくなった冒険者が六人程いた。

それを見たゼルートは呆れながら笑った。


「はっはっはっは。おいおいマジでか!? 念のためにと思って結界石を使っておいて良かったは。しっかし、まさか本当に寝込みを襲って来るバカがいるとわな。セフィーレさん達の綺麗さに目が眩んだか?」


『おそらくその通りだと思います。先日セフィーレさんや、アレナさん達をゲスい目で見ていた人達と顔が一致します。主の言う通り・・・・・・本当にバカですね。それでこのバカどもはどうしますか? 別に寝込みを襲ってきたんですから殺されても文句は言えないと思いますが。それとも、主のアレを喰らわせてから殺しますか』


ラルがサラッと、恐ろしいことを言ったが、ゼルートはそれは流石にやめておこうと思った。


(実際に襲われた訳ではないから、流石に殺すのはちょっとな・・・・・・というかアレはダメだろ。こういった奴らに使うための魔法じゃないんだからな)


アレとはゼルートが本当にその人間に対して恐怖を与えてやりたいと思った時に使おうと考え、編み出した魔法。

文字通り、本当に地獄を見せる。

使うにしても、相当な魔力を使うのでゼルートとしてもあまり多用したくない魔法だった。


(それに、地獄を見せる上に人生を終わらすと言っても過言じゃないからな。我ながらえげつない魔法を考えたもんだ。まぁ、そんな魔法は使わないけど、何もしないっていうわけじゃーーないんだよな)


ゼルートは目の前に転がっているバカどもをどうしようか直ぐに考え着いた。


『主、悪い意味で良い笑顔をしていますね』


ラルの言葉にゼルートはだろうなと、今自分がどんな表情をしているのか自覚していた。




「おはよう、ゼルート殿、ラル殿。そして・・・・・・あれは何ですか」


「おはようございます、ゼルートさん、ラルさん。えっと、私もカネルさんと同じ気持ちなんですが、あれは何ですか」


「おはよう、二人とも。それで、・・・・・・そこの縛られた冒険者? は何なんだ?」


テントの中から出てきた三人がゼルートとラルに挨拶をしてきてから、木の看板の前に縛られている冒険者の姿に、何があったんだと、ゼルートに訊いてきた。


「おはようございます、カネルさん、リシアさん、ソブルさん。こいつらは俺達が寝ている間に襲ってきたバカどもです。なので武器と服を全部奪い取って、足と手を縄で縛って、後ろの木の看板に私達は寝ている冒険者達を襲おうとした正真正銘のバカです。って書いておきました」


明るい笑顔でそう言ったゼルートに対して、三人は引きつった笑みを浮かべ、少し引いていた。

だが、襲ってきた冒険者達に同情はしなかった。


「あ、ちなみに縄は俺が作った特製仕様なんでそう簡単に切れないんで、安心してください」


それを聞いた三人は、規格外なゼルートが作った縄なら確かに安心できると思い、後の四人が起きてくるまで談笑して待っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます