第171話少年期[161]転生者故に、力がある故に、遠慮はしない

「ほら、基本的に平民は貴族を敬うっていう構図、というか固定概念があるだろ」


ソブルの説明を聞いて、リシアはゆっくりと頷いた。


「確かに・・・・・・そういうところはありますね。私はあまり好きではありませんが」


リシアの言葉に二人は自分達もだ、といった顔で頷いた。


「ただ、まぁ・・・・・・ゼルートにはそれが一切ないと言ってもいいだろうな」


「そうだな。勿論全員に向かってではないだろう。だが、ローガスの様な平民は自分達貴族に従うのが当然、といった者には全く尊敬の念はないだろう。むしろ侮蔑すらしているだろうな」


リシアはゼルートがローガスに向ける目を思い出すと、カネルの言う通りだと思った。


「そうですね。こう・・・・・・もの凄く冷たい目をしていました」


そこでソブルが思い出したように、ゼルートが起こした問題を話した。


「それにほらっ、あいつは貴族のご子息、ご息女が五歳になった時に城で行われるパーティーで、確か侯爵家の子息を挑発して、家の全財産を賭けて決闘をしたんだろ」


一拍置いて、ソブルが言った言葉は重みがあった。


「普通の奴はそんな自殺行為はしない。まともな神経を持っている奴はそんな危険を冒さない。・・・・・・これは俺の推測だからあまり真に受けるなよ」


リシアとカネルは真剣な、強張った表情でソブルの言葉を待った。


「決闘が終わった後、もし侯爵家の子息の親、ゼルートの家族を、関係者に害を与えようとしたら、爵位の高さなんて一切関係なく、刺し違えてでもその侯爵家奴らを皆殺しにしていたと思う」


ソブルの強烈な発言にリシアは流石にそんなことは、と否定しようとした。


「まさか、ゼルートさんがいくら血気盛んであったとしても、そんなことは・・・・・・」


だが、リシアの否定は直ぐにソブルによって消された。


「あり得る。事実、ゼルートが侯爵家の子息相手に決闘を仕掛けた理由は、両親をバカにされたからだ。それに自我が確立された頃から教育を受けて来た子息を余裕の表情で、決闘をしているんじゃなくまるで遊んでいるかのように完膚なきまでに倒したんだ。例え五歳であろうと、実行が不可能ではない筈だ」


ソブルはため息を吐きながら一旦言葉を切った。


「まぁ、俺が何を言いたいかと言うとな、議題からずれるがゼルートの家族に、仲間に、関係者に手を出せばどんな大商人や爵位の高い貴族や、例え王族であったとしても、地獄の果てまで追って来て本当の地獄を見せる。と、俺は思う」


リシアとカネルは否定したい気持ちがあったが、それが出来なかった。


二人の中でどうしても侯爵家の子息に喧嘩を売った事が引っかかっていた。

ソブルの言った通り、まともな神経をしている者は自分より圧倒的に爵位が高い者に歯向かったりしない。

理由は単純、どんな手を使ってでも物理的に、社会的に潰されるからだ。


ゼルートはそれが理解出来ていない訳ではない。だが、転生者であるゼルートの感情は全く別だった。

ゼルートは力があれば、それを惜しげもなく使う。実行できる力があればそれを実行する。それがゼルートだ。


「まぁ、そう言うことだから俺はあのバカがゼルートに、その仲間に手を出しそうになればしがみ付いてでも止める。最悪の場合・・・・・・この手で殺す。お前たちもそれぐらいは覚悟しておけ。本当にそうなれば、ゼルートの怒りの矛先がどこに向くのかは分からない。だが、あのバカ、一人だけで済むとは俺は思えない」


ソブルの言葉に二人は決して可能性が低くない未来の出来事に、覚悟を決めて頷いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます