第170話少年期[160]原因探し

「はぁ~~~~、あいつが貴族以外の人間を見下す傾向が多いのは今までもそうだったけど、今回は特にひどくないか?」


ソブルは幼いころからローガスの事を知っているため、今回の件は流石に度を超えていると思っていた。

カネルはソブル質問に推測ではあるが、自分の考えを述べた。


「私は女だから、男の考えはいまいちわからないが、とりあえずはゼルートが冒険者の中で初めて自分に反発してきたからじゃないのか?」


カネルの言葉にソブルとリシアは、今までの冒険者がローガスに取る態度を思い返した。


(まぁ・・・・・・あいつや、俺達の家の位はそこまで高いわけじゃないが、セフィ―レ様が公爵家と言うことでローガスが横暴な態度を取っても、言い返してくる奴なんて確かにいなかったからな)


(言われてみれば確かにそうですね。高ランクの冒険者さんなら位の低い貴族と同等の権力は持っていますが、流石に後ろに公爵家がいる方とは争いたくないものですよね。ローガスさんの家自体は、そこまで悪い意味で貴族の思考に染まってはいない筈ですが・・・・・・何故でしょうか?)


リシアは、家の付き合いでローガスの親や、兄弟を知っているが、記憶が正しければローガスの様な者はいなかった。

ソブルも、リシア同様、家の付き合いでローガスの家族の性格などは知っていたが、ローガス程の横暴な者はいなかったと記憶していた。


リシアは悩んでも、理由が出てこないのでカネルに他にあるのかと聞いた。


「カネルさん。他に何かローガスさんが今回程、態度が横暴な理由はなんでしょうか?」


「そうね・・・・・・もう一つはソブルの方が私より理解できるんじゃないか?」


話を振られたソブルは、ゼルートに会ってからの出来事を振り返り、原因と思う件を考えた。


「ああ、そういうことか。なるほどな。まぁ、確かに俺も理解できなくはないが、単純に経験値が違いすぎるだろうから俺はそこまで気にしないんだけどな」


話がよくわかっていないリシアは戸惑いながら原因を聞いた。


「えっと・・・・・・結局どういうことなんでしょうか?」


二人は、リシアがそこまで戦うことに関してプライドがないことを知っていたので、何で分からないんだと思うことはなく、簡単に説明した。


「ローガスは傲慢だが、実力は確かにあるだろう。だが、ゼルートととの摸擬戦を見ただろ。どこからどう見てもゼルートの完勝だった。ローガスは攻撃が全く当たらなかったからか、途中から摸擬戦ということを忘れて本気で殺しにかかっていた。にも関わらず、ゼルートにはかすりもしなかった。そして自分は殺しにかかったのに、最後の攻撃は当てずに終わらせた。おそらくだが、あの時あいつは初めて本当の恐怖という物を味わったんじゃないか?」


「確かにその可能性はなくはないだろうな。まぁ、要はあんなプライドの高いあいつが本気で戦ったのにもかかわらず、手加減をされた上に、恐怖まで与えられたからという事だ」


二人の説明を聞いて今回の出来事とローガスの性格を考えると、リシアはもの凄く納得することが出来た。


「な、なるほど。確かにプライドの高いローガスさんにとっては屈辱ですね」


「まぁ、後はゼルートが基本的には貴族を尊敬、敬ってないことも原因だろうな」


ソブルの考えに対して、カネルは直ぐに理解することが出来た。


「それも一つの原因だろうな」


「? どういうことなんでしょうか?」


リシアが理解していない様子を見た二人は、今回は少し呆れていたというか、なんで分からないんだという顔になっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます