第168話少年期[158]過度に期待はしないでおこう

ゼルートとリシアが戻ると、ゼルート達以外は全員食堂に集まっていた。それから全員で朝ごはんを食べ、一時間が経ってからダンジョンに出発となった。


ゼルートは解散すると、直ぐにラルがいる従魔用の小屋に向かった。


「おう、待たせたなラル」


「そんなことはありませんよ」


ゼルートにそんなことはないと、ラルは返事をした。

だが、顔にはっきりと腹が減ったという表情が出ていた。

それを察したゼルートは直ぐに理由が分かった。


(多分、ご飯の量が足らなかったのと、単純に味の差だろうな)


ゼルートがラルやゲイルが自分の時に来るときは、オークの肉やブレイクバイソンといった、ランクCの魔物の肉が大半なので材料の差の時点で味が違いすぎるのだろうと、ゼルートは思った。


(それに創造で創った前世の世界でのタレとかも使っているからな。まぁ、仕方ないっていったら、仕方ないのか)


そう思いながらゼルートはアイテムリングの中からお詫びにと、オークキングのモモの部分の焼き肉を取り出した。それをラルの前に置いた。


ラルは自分の前に置かれたオークキングのモモ肉の良い匂いに我慢できず、一心不乱に食べ始めた。

その様子をゼルートは温かい目で見ていた。


五分後、オークキングの肉は、一とかけらも残らずラルによって完食されていた。


「ふぅ、すみません。中々美味しかったのでつい食べるのに夢中になってしましまいました」


「気にすることないよ。普段食べてるものが美味しいからな」


ゼルートの言葉にラルはその通りです、と言いながら頷いた。

それからゼルートは話の本題に入ろうと思った。


「なぁ、ぶっちゃけラルが満足できそうな相手はダンジョンの中にいると思うか? 一応セフィーレさんには最下層のボス以外に、俺達の前に現れた強い魔物は俺達で相手をしていいっていう確約はとれたんだけど・・・・・・正直どう思う」


ゼルートの言葉にラルは目をつぶり、十秒程考え込んだ。


「そうですね・・・・・・はっきり言いますと、やはり全力を出せるような相手は出てこないと思います」


ラルの言葉を聞いてゼルートは、やっぱりそうだよな~~~~、とため息を吐いた。

三十階層あるとはいえゼルート自身も正直そこまで期待はしていない。


「まぁ、主の自分に負荷をかけながら戦うという方法を取れば楽しめないこともなさそうですけどね。ただ、魔物の大量発生等があれば、そこそこ良い戦い・・・・・・というか乱戦が楽しめそうですね」


ラルの答えに結局はそこに行きつくんだなと、ゼルートは思い苦笑いした。


(子は親に似る・・・・・・じゃなくて、従者は主に似るってところか)


ゼルートの周りの者は基本的にバトル脳が多いので、ゼルートは可笑しいとは思わず、むしろ納得していた。


「そうか・・・・・・まっ、とりあえずそう言うことだから。あんまり過度には期待しておくなよ」


「ええ、あまり期待しないで待っておきます」


二人はお互いに笑いながら、時間にまだ余裕があるので街の出店をめぐることにした。




「はぁ~~~~~~」


「どうしたんだアレナ? 溜息を吐いたら幸せが逃げるとゼルートが言っていたぞ」


ルウナの言葉に、アレナはその言葉を教えた人物が元凶だと、心の中でツッコんだ。

今、アレナの頭の中は心配事だらけだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます