第157話少年期[147]予想外の物

マグラスの自己紹介が終わった後、ゼルート達も順番に自己紹介をした。

ゼルートの嫌いな物、人でアホで調子に乗っていて、自分より位が下の人間は自分の言葉に言いなり人形と思っている奴、と答えるとマグラスは大きな声で笑い出し、ゼルートに深く同意した。理由を聞くと以前そういった貴族に無茶な注文をされたらしい。

マグラスは、その注文を半ば脅しながら依頼しに来た貴族を、思いっきり顔を殴り追い返したらしい。


その話を聞いたゼルートは同類が見つかったと思い、目を輝かせていた。

アレナは自分の主人と同じような人が他にもいると分かり、どこか疲れた表情をしていた。

ルウナは、マグラスの話を聞いて感心していた。自分も貴族に不当な理由で絡まれたときに、思いっきりボコボコにしてやろうかと思ったが、今の自分の立場はゼルートの奴隷だという事を思い出し、そんなことをすればゼルートに迷惑がかかると思い、少し残念に思っていた。


三人の自己紹介が終わると、マグラスは良い笑顔でどこから出したのか、酒を飲みながら笑っていた。


「はっはっはっはっは、中々良いパーティーだなお前さん達。特にゼルート、お前さんは気に入った。何か作ってほしい武器でもあればいつでも言ってくれ。最高の物を用意してやる」


ゼルートはその言葉を待ってましたと言わんばかり、目を輝かせながらアイテムバックからあるモンスターの素材を取り出した。

ゼルートが取り出したのは大きな牙だった。ゼルートはそれをカウンターも上に置いた。


「ほおおおぉーーーーーー、中々大きな魔物の牙だな。手触りからして竜種か」


マグラスの言葉にアレナとルウナはゼルートの方を見って、呆気にとられそのまま動かなくなってしまった。

ゼルートが強いことは二人は重々分かっていた。

だが、それでも今の年齢より下の歳で魔物の中で、最強の種族と言われているドラゴンを倒せるほどの強さがあるかは正直、半信半疑だった。


ドラゴンの牙を目をキラキラさせながら触り観察していたマグラスは、途中で目つきが真剣なものに変わった。


「ゼルート、お主これをどこで手に入れた? これはおそらく属性付きのドラゴン、おそらく雷属性のドラゴンの・・・・・・しかもかなり上位のドラゴンの牙だ。お主が強いということは分かる。だが・・・・・・この牙を持っていたドラゴンはおそらく今のお主より強いはずだ」


マグラスの言葉を聞いたゼルートは、鑑定のスキルを持っているわけではないのにそこまで分かるのかと、マグラスの観察眼に感心していた。

アレナとルウナは、マグラスの言葉に自分達の理解が追いつかず、頭に?が浮かんでいた。


「えっ? ちょ、ちょっと待ってください!! それならゼルートは今より幼い時に、上位の雷のドラゴンを倒したということなんですか!!??」


ルウナも真剣な表情でマグラスに答えを迫った。

しかし、その問いに答えたのはゼルートだった。


「あ~~~~~、それは違うぞアレナ、ルウナ。俺は別にこの牙を持っていたドラゴンに勝ったわけじゃないぞ」


「「「えっ???」」」


アレナとルウナだけでなく、マグラスまで驚いた声を上げた。

マグラスはゼルートが自分を死の限界まで追い込んで、勝利したと思っていたので完全に予想が外れたといった顔になっていた。


「マグラスさんの言う通り、この牙を持っていたドラゴンにはおそらく、今の俺が全力中の全力で挑んだとしてもおそらく勝てる確率はほとんどないはずだ。生きてる年月が違いすぎるからな。元のスペックも圧倒的だし」


「な、ならなんでゼルートはそんなドラゴンの牙を持っているんだ??」


ルウナの疑問は最もだがゼルートは、そろそろこの牙の持ち主が誰なのかアレナとルウナは分かると思っていたが、どうやら思いつかなさそうなので答えを言うこ事にした。


「この牙の持ち主は表で待っていてくれてるラルの母さん。雷竜帝、ラガールの牙だよ」


ゼルートノ言葉を聞いて三人の体は完璧に固まった。

まるで氷になったかのように動かなくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます