第156話少年期[146]流石俺の両親!!!

(こんなに家族思いの冒険者がいるとはな・・・・・・まぁ~~~~、しかし貴族の子には一切見えなかったな。しかし少年と、姉ちゃん二人の装備の合計金額は多分余裕で白金貨を超えるんだが・・・・・・この歳である程度の強さがあるんだからそこらへんもしっかりしているんだろう。にしても国境近くの貴族か。もしかしたらあの四人組の息子か? 可能性としてはなくはなさそうだな。おそらくあっちの二人の息子だろうな)


ドワーフの店主は半信半疑ながらゼルートに質問した。


「お前さん、名前はなんて言うんだ」


「ゼルートです。ゼルート・ゲインルートです」


「そうか」


ドワーフの店主は過去、自分の店に訪れた冒険者の名前を必死に思い出そうとした。

そして十秒ほど経ってからドワーフが口を開いた。


「お前さんの両親はガレンとレミアという名前の冒険者、だった奴らか?」


「「「っ!!」」」


ドワーフの店主の問いに、ゼルートだけでなくアレナやルウナも驚いた表情になった。

ゼルートに関しては、こんな場所で父よ母の名前が出てくるとは一切思っておらず、開いた口が塞がらない状態になっている。


ゼルート達が固まってから少し経ってから、ゼルートがようやく口を開いた。


「え、えっと・・・・・・父さんと母さんを知っているんですか?」


ゼルートに訊かれたドワーフはニヤッと笑いながら答えた。


「ああ、知っているとも。お前の両親ともう二人のパーティーは、俺の店に来た冒険者の中でも特に光る物があったパーティーだった。風の噂で一人が貴族になった事でパーティーを解散したと聞いたが・・・・・・お前さんがそいつの息子だったとは。世の中分からないものだな」


ゼルートは両親の事を褒められたことで、無意識のうちにニヤニヤとしていた。

それを見たアレナはゼルートも、まだ子供っぽいところかあるんだなと思った。

ルウナは改めてゼルートの両親の凄さを理解した。


「まぁ、そういったことは今は関係ないな。お前さん達にならそれだけの武器を売ってやっても構わんが・・・・・・これだけたくさん買ってくれることに対してサービスしてやっても白金貨三十枚するが、金は大丈夫か」


ドワーフの店主は、ゼルートがこの歳でかなりの実力を持っていることから、金の方も上手いことやっているんだろうとは思っていたが、流石に白金貨数十枚は持っているか不安だった。


「全然大丈夫ですよ。ちょっと待ってくださいね・・・・・・はい。全部で白金貨三十枚あるはずです」


あまりにもあっさり白金貨三十枚を出すので、ドワーフの店主は顔が固まってしまった。

アレナとルウナもゼルートなら出せるだろうと思っていたが、やはりこんなにあっさり出すところを見ると、感心半分、呆れ半分となった。


「・・・・・・・・・・・・お前さん、こんな簡単に大量の金を出してこれから大丈夫なのか?」


「ああ、それは大丈夫ですよ。お金ならまだまだありますから。それにお金が無くなってきたら盗賊を倒せばいいだけですからね」


ゼルートの答えに、ドワーフの店主は引きつった笑みを浮かべた。

それを見たアレナとルウナは、やっぱりそういう表情になるよなと頷いていた。


ドワーフの店主は白金貨がしっかりと三十枚あることを確認してからゼルートの方を向いた。


「・・・・・・しっかりと三十枚あるな。お前さん達、この街にいる間に武器に困ったことがあれば儂に言え。大概は何とかしよう。っと、まだ自己紹介をしていなかったな。名前はマグラスだ。昔は冒険者をやっていたが今は鍛冶師をしながら武器屋を営んでいる。好きなものは面白い話と酒だ。嫌いなものというか人は理不尽でアホな人物だ」


マグラスの自己紹介を聞いて、好きな物はやっぱりドワーフだから酒なんだなとゼルートは思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます