第155話少年期[145]大人買いって一度はしてみたいよな

ゼルートは武器屋の中に入るとまた感動して、立ち止まった。

だが今回はアレナとルウナも一緒だった。


店の中に並んである武器は全てがある程度のレア度がある武器ばかりだったからだ。

鉄のロングソード一本にしても、そこら辺のロングソードとは違う騎士が扱うような強度がある。


ゼルート達が入って来た音が聞こえたのか、奥から人がやって来た。


「何か音が聞こえたと思ったら、久しぶりの客か」


出てきたのは横に太いが、筋肉はがっしりとしているドワーフだった。

さっきまで寝ていたのか、かなり髪がぼさぼさになっている。


「お前ら、串焼き屋の店主から儂の店の場所を教えられて来たのか?」


ドワーフの質問にゼルート達はなんですぐに分かったのか驚いたが、それがいつもの事なのだろうと思った。

三人を代表してゼルートが答えた。


「は、はい! 串焼き屋のおっちゃんにこの街で一番の武器屋を聞いたらこの店を紹介されました」


ゼルートの言葉を聞いたドワーフは、ゼルートの言葉の中の街一番の武器屋という言葉を聞いて、少し笑ったが直ぐに元の表情に戻り、三人を順々に見ていった。


ドワーフに自分を観察された三人はおそらく自分の強さを計っているんだろうと思い体が自然と強張った。

ゼルート達から視線を外したドワーフはほんの少しだけ口端を吊り上げていた。


「ふっ、久しぶりに才能があって、努力も怠らない冒険者に会ったな。好きに見ていってくれ。買いたいものがあればそこで座っているから、後で声をかけてくれ」


そう言って、ドワーフはカウンターの向こうにある椅子にドカッと腰を下ろした。


緊張していたゼルート達はそろって大きくため息をついた。


「ふーーー、久しぶりに人に対してこう・・・・・・もの凄く緊張した」


「俺もだ。ここまで緊張したのはギルドマスター以来かな。あの人、もしかして前は冒険者だったりするのかな」


ゼルートの考えにアレナは深く同意した。


「私もそう思うわ。あのドワーフの人、元冒険者の筈よ。おそらく高ランクの・・・・・・」


少し雰囲気が固くなったが。三人はそれぞれ店内の武器を見て回った。


ゼルートは武器を一つ、一つゆっくり見て回っているが、鈍らはどれ一つないと確信できた。


(・・・・・・凄いな。鑑定を使わなくても武器の凄さが伝わってくるな。おそらくどれも最低、レア度三はあるはずだ。高い物だと五、六はありそうだな)


鑑定をして武器の性能を見ていると、どれも武器に使用した鉱石、魔物の素材の特徴を無駄にすることなく武器に伝えられていることが分かった。


アレナとルウナも、それをなんとなくだが理解する事が出来た。そしてゼルートから渡された小遣いで買えそうなメインの武器の替え、サブの武器を選んでいた。

ゼルートも家の兵士たちの得意だった得物を思い出しながら武器を一つ、一つ選んでいった。


ゼルート達が武器を選び始めてから三十分程が経ち、ようやくゼルート達が買いたい武器が決まっり、ドワーフの店主に声をかけた。


「おう、決まったか・・・・・・獣人の姉ちゃんは片手斧二つと、人族の姉ちゃんのショートソードは分かるんだが坊主、お前さん武器の数と種類が多くねぇか? 確かにお前さんならどれもしっかりと使えそうな気はするが」


ゼルートはアイテムバックから取り出したカートにたくさんの武器を入れていた。

それもそうだよなと思ったゼルートは、苦笑いになりながらドワーフの店主に説明した。


「えーーーと、俺一応貴族の次男なんですよ。それで俺の父さんが治めている土地が国境に近いところにあるんでもし、隣国と戦争になった時に一番に駆り出されると思うんですよ。なので家の兵士達には出来る限り死んでほしくないので、出来るだけ良い武器をと思って・・・・・・」


ゼルートの答えを聞いたドワーフは表情には出していないが、心の中で人生の中で一番感動していた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます