第150話少年期[140]優しい貴族令嬢

ゼルートから戦闘中の動きの工夫について聞いたセフィーレはとても感心した。


(魔力を足から放出させるか・・・・・・全く考えた事がなかった発想だな。というよりは私やソブル、ローガスのような貴族の出の者にとっては考えようとしない内容だな。基本的にそういった奇抜な行動はしない、むしろバカな貴族たちは卑怯だと考えそうだ。冒険者ならではの発想といったところだな。ただ、やはり私達貴族の者や騎士、兵士達もモンスターと戦う機会はある。モンスターは時として私たちの常識を超えた動きをする。そんな時にモンスターに通用する手段が必要だ。貴族の兵士達は基本的に人と戦くことを想定して訓練するからな・・・・・・何はともあれゼルートが教えてくれた工夫は、比較的魔力量が多い貴族にはやりやすいものだ。帰ったら是非皆に教えよう)


セフィーレは今の騎士や兵士、戦闘を行える貴族の戦いい方に少し不安を感じていた。

型通りの攻撃、真っ直ぐな戦い方。これをセフィーレは悪いとは思わないが、モンスター相手には一定水準以上の実力がある者でないと太刀打ちできないと思った。

そういった時に何かしら対応できる技能はないか、セフィーレは自分の家の兵士たちが死ぬたびに思った。


「セフィーレ様、嬉しそうな顔をしてますね」


ソブルはセフィーレが嬉しそうな顔に気づき、何を考えているのかが分かり自然と自身も笑顔になっていた。


「ああ、嬉しそうな顔にもなるさ。何故かわ分かっているだろう」


「ええ、もちろんですよ」


ソブルはセフィーレが自分達や家の兵士たちの事をもの凄く大切に思っている。そういった貴族達の中でも特にそうだろう。

貴族の中には自分の兵士など自分を守るための道具、捨て駒と考えている規格外なアホも少なくない数いるが、セフィ―レは自分が周りの人達のおかげで自分が何不自由なく生きて行けるのかをしっかりと理解しているので、例え自分とほとんど関係のない兵士であろうと、戦場や自分達の護衛で死んでほしくないと思っている。


「さて、ゼルートもカネルもそろそろ戻ろう、あまり遅いと皆が心配してしまう」


戦い方についてかなり盛り上がっていた二人に、セフィーレは後もう少しすれば辺りが暗くなってしまいそうなので声をかけ、アレナ達の元へ向かった。


ちなみに夜の見張りはあまり睡眠のいらないラルが一晩中起きて、後誰か一人起きて見張りをすることになった。

ゼルートはこのとき錬金術で造った父に渡したチェスをベースにした錬金獣以外に数体自分用に造ってあるので出そうかと思ったが、あまりほいほいと自分の手札を晒すもんではないなと思いやめておいた。


そう考えたゼルートの判断はまさにドンピシャだった。




朝一番に起きたゼルートは見張りをしてくれていたラルとカネルに串焼きを差し入れしてから、日課の特訓を始めた。カネルは最初それを見ていただけだったが、ゼルートが一旦休憩するとどんな特訓をしているのか教えてほしいと言った。


ゼルートは全部は教えなかったが基礎的なことは教えてもいいかなと思い説明し、聞いたカネルはそれを早速やり始めてみた。


ゼルートはそれを見て見張りの仕事は良いのかと思ったがラルがいるので、そう問題になることはないと思い、夜の間にラルが倒したであろう魔物の死体を回収した。


それから三十分ぐらいたってから続々と起きてきて朝食の準備をし、食べ終えてから目的地に向かって出発した。

もちろんゼルートはセフィーレの話し相手をさせられているので場所の中にいた。そんな状況にゼルートはほとんど一日護衛の仕事をしてくれているラルに申し訳ないなと思い、今度ラルの好物を作ってやろうと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます