第146話少年期[136]謝罪

セフィーレはゼルートの方まで行き、物凄い勢いでゼルートに対して頭を下げ謝罪した。


「すまない。私の従者が君にした態度は許される事ではない。二度は必ず無いようにする!!! だから、どうかローガスを許してやってほしい」


それを見たローガス以外の従者は勿論、アレナやルウナもギョッと驚いた。

それも当然だろう。高位の爵位を持つ貴族が位の低い貴族に頭を下げるなど、ましてや今のゼルートは一応貴族の息子ではあるが、今は冒険者とさして変わらない。

そしてゼルートを覗く全員が驚いていたのはその重要さにもある。人によってはセフィーレがゼルートに対して頭を下げた事を、弱みと捉える者もいるだろう。というかほとんどの人がそう判断する。


だがセフィーレの頭の中から一切そんな事は抜けていた。ただ、先程思い出したゼルートが五歳の時に起こした決闘騒ぎの事が頭から離れなかった。

もしかしたらローガスが殺されてしまうまではいか、そうでなくとも再起不能にまで叩き潰すかもしれない。

性格は傲慢で貴族以外の人間を見下す傾向にあり、人間として難ありな人物とは思っているが、それでも他の三人同様長い間従者として仕えている。そのような人物を簡単に切り捨てることはセフィーレには出来なかった。


一方、ゼルートだけはその意味をいまいち分かっていなかった。

一瞬思いっきりぶん殴ってやろうかとは思ったが、怒りが一周して逆に呆れてしまった。

そしてセフィーレが頭を下げ謝罪したのを見て、自分の従者がやらかした事を自分が謝るなんて偉い人だなーーーー、そんでやっぱこいつ本当に屑だなーーーーとゼルートは坊ちゃん貴族を蔑んだ目で見ながら、謝ってきたセフィーレに対応することにした。


「とりあえず頭を上げてくださいセフィーレ様。確かに俺は一瞬こいつを思いっきりぶん殴ってやろうかと思いましたけど、怒りが一周して逆に冷静になったんで大丈夫ですよ。

ただ、まぁ俺が言えた義理じゃないですけど、冒険者の中にはもの凄く短気な奴がいたり、そいつと同じくらいプライドが高く傲慢な奴もいますんで、そこら辺はもう一度頭に入れておいた方がいいと思いますよ」


ゼルートは相変わらずローガスを挑発することはやめなかったが、特に自分は怒っておらず、どうこうしようという気はありませんというのをしっかりと伝えた。


セフィーレにゼルートの気持ちがしっかりと伝わったのか、セフィーレはもう一度頭をさげ感謝の言葉を述べた。

それからの雰囲気は多少ぎすぎすしたものになったが、問題なく野営の準備は進んだ。


ゼルートはその間にローガスから謝罪の一言でもあるかと思っていたが、ローガスが謝罪に来ることはなかった。

だがゼルートは謝罪がない方がいいかもなと思っていた。


(俺に暴言を吐いてアゼレード公爵家の顔に泥を塗ったということに関しては反省しているだろうけど、俺に対しては多分一切申し訳ない事をしたとかそういう感情はないはずだ。なら全く自分が悪いとは思っていない謝罪なんか、むしろいらないしな)


ゼルートの考えは見事に的中していた。

ローガスは先程セフィ―レに説教されてから必要最低限の事しか喋っていないが、時折ゼルートを睨み付けている。

だが、自分の主にあれだけ厳重注意を受けたのなら流石に二度とバカなことはしないだろうとゼルートは思っていた。


そして夕食の時間はゼルートがアイテムバックに入れていた料理をセフィ―レ達にご馳走してあげ、約一名を除き楽しく談笑しながら終わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます