第133話少年期[125]護衛で大事なこと

正直めんどくさいと思ったけど、ガレスさんにも面子があると思うから、アゼレード公爵家からの依頼を受けることにした。


ガレスさんも俺の反応を察したのかアゼレード公爵家からの報酬以外に、ガレスさん個人からも報酬を貰えることになった。


少し申し訳ない気持ちもあったが、棚から牡丹餅だと思って貰うことにした。


「まさかアゼレード公爵家から指名依頼が来るなんてね。正直驚いたわ」


アレナが軽く声をかけてきたが、俺は今肝心なことを思い出した。


「なぁ、アレナって確かミーユさんの友達? だったよな。ならその妹のセフィーラさんって人も知ってるんじゃないのか」


俺の質問にアレナは頭を悩ませながら答えた。


「そうね~~~。会ったわけじゃないけどミーユから話は聞いた事があるわ。確か性格は結構真面目だって言ってたわね。でも、貴族らしくないところもあるらしいわよ。何でも夢は早めに現役を引退して冒険者になることらしいわよ」


ふふ、と笑いながらアレナは答えてくれた。


それを聞いた俺はまだ会ったこともないミーユという女性に好感が持てた。


(へ~~~、夢が早く現役を引退して冒険者になりたいか・・・・・・。それを聞くとどうやら俺が嫌いな貴族のタイプじゃないみたいだな。まぁ、ミーユさんの妹だし正確に難ありってことはなさそうだな。でも、主が優しい性格でその周りの従者が色々と難がある、ってのも可能性として捨てきれないからそこら辺は気を付けないとな)


なんて俺が考えているとルウナが何かアレナに話すと、アレナが少し慌てだした。


「そうね。確かにそろそろ時間ね。ゼルート、悪いけどこの後ミルシェちゃんと用事があるからまた夕食の時満腹亭で」


「そういうわけだ。すまないな、ゼルート」


そういえば最近二人ともミルシェさんと仲良くなってたな・・・・・・。ま、この後も三人でいる必要はないし別にいっか。


そう思い俺は二人に良いよ言って、少しばかり小遣いを渡した。


するとアレナが俺に抱き着きながらお礼を言うと、それを見たルウナがアレナの真似をしながらお礼を言ってきた。


胸が服越しに当たってぶっちゃけかなり幸せだが、道のど真ん中でこの状況はかなり恥ずかしいので直ぐに離れてもらった。


その後は特にやることはなかったので街をぶらぶら回っていると、後ろから声をかけられた。


「おう、ゼルートじゃないか。どうしたんだそんな辛気臭い面をして」


「だれだって、ガンツか。てか俺そんな顔してたのか?」


「ああ、なんつーか面倒ごとを抱えているって感じの顔をしてるな。役に立てるかわからんが相談ぐらい乗るぞ」


ガンツの言葉に少し考えた後、ガンツと少し話そうと思い近くにある酒場に向かった。


酒場に向い、酒場に俺が入ると何人かガラの悪そうな冒険者が俺に絡んで身ぐるみを剥ごうと思ったのか、座っている椅子から立とうとしたが後から入ってきたガンツを見ると、俺がガンツの連れだとわかったのか慌てて席に座った。


(へ~~~ガンツって結構顔が売れてるんだな。まぁ、ステータスちらっと見たとき結構高かったもんな。ステータスだけで言えばBランク一歩手前って感じだしな。でも、絡んでくれた方が俺的には嬉し方んだけどな~~。また新しい魔法考えたから実験してみたかったしな)


それから俺は水を、ガンツはエールを頼んだ。


「んぐんぐんぐ、ぷは~~~~。仕事終わりのエールも美味いけど昼間に飲むエールもやっぱいいな!! んで、どんなことで悩んでるんだゼルート」


「ん~~~まぁガンツになら言ってもいいか。

今度俺、指名依頼で貴族の護衛をやるんだよ」


そう言うとガンツはこちらに顔話向け、マジかって顔をしていた。


いや、わからなくわないけどそんな顔するなよ。結構間抜けだぞ。


「・・・・・・っと、悪い。少しびっくりしすぎちまったぜ。まぁ、お前の強さならわからないこともないんだが、お前がここに来てまだ一か月経つか経たないかぐらいだろ。そのわりには随分と情報が回るのが速いな」


「・・・・・・よくわかんないけど貴族には貴族独自の情報網があるんじゃないの?」


一瞬本当の事を言おうとしたが、ここには俺達以外にも人がいるのでやめておいた。


「そんでさ、ガンツは貴族の護衛とかしたことあるのか」


俺が質問するとガンツは苦笑いしながらことえた。


「悪いが貴族の護衛はしたことがねぇんだよ。でもまぁ、商人の護衛ならしたことがあるぞ」


「ん~~~・・・・・・ま、それでもいいや。そういった貴族や商人の護衛をするときに気を付けておいた方が良いことってあるか?」


「そうだな・・・・・・戦闘に関してはお前たちは全く問題ないとは思うが、強いて言えば護衛相手がプライドの高い奴だったら基本喋らない、話しかけられても直ぐに話を終らせるのが重要だろうな」


・・・・・・・・・はぁ~~~~~~、やっぱり面倒ごとが起きそうだな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます