第127話少年期[119]余力を残すって重要だよな

オークキングが放ったグランドブラスト・・・・・・岩の破城槌とゼルートの岩の拳が激突した。


それにより周りにまで衝撃の波が響いた。


そして衝撃により砂が舞い、オークキングとゼルートの姿が見えなくなった。


ぶつかり合った結果は引き分けと言ってもいいだろう。


オークキングが放った岩の破城槌は、粉々に砕け散ったがゼルートの岩の拳は大きく抉れ、使い物にならなくなっていた。


この一撃は確かに引き分けと言えるだろう。


だが勝負の行方はまた別だ。


オークキングにとっては、自分の力をほぼ限界まで振り絞って放った最後の一撃だった。

僅かに残したのは逃げる体力だけだった。

岩の鎧もそう長く維持は出来ない。


対してゼルートは違った。


ゼルートには力を抑えていたからというのもあるが、十分に余力は残っていた。

自我を持った時から、地道に上げていた魔力量はまだまだ大量にあった。


ゼルートとしてはもっと。魔力を使った一撃を使っても良かったかと思っていたが、父の冒険者時代の話を聞いていた時に、何時も最悪の事態を常に想定して行動しろよ、と言われていたゼルートはそれをしなかった。


そしてまだまだ動けるゼルートは砂煙で周りが見えない中、気配察知のスキルでオークキングの場所をしっかりと確認し走り出した。


そして長剣をアイテムリングにしまい、子供の頃に手に入れた魔剣フロストグレイブを取り出した。


オークキングは接近してきたゼルートに気づき、大剣を構えようとしたが、先程の技による疲労感により反応が遅れてしまった。


ほんの少し時間だがゼルートにとっては訳なかった。


「すげぇ楽しめたぞオークキング。そして最後の一撃はマジで良かった。でも、これで終わりだ・・・・・・氷結斬」


ゼルートはオークキングの横を通り過ぎる瞬間、オークキングの腹を大きく斬り裂いた。


ゼルートの一撃は、オークキングが纏っていた岩の鎧を簡単に斬り裂き、オークキングの命を絶った。


斬り裂かれたオークキングの腹は、フロストグレイブの効果により凍っており血が流れていなかった。


これだけ見ればもしかしたらまだ動き出すのでは? と思うがオークキングの口から血が流れていて反応がないので、間違いなく死んでいるだろう。


オークキングの死を確認したゼルート大きくため息を吐いた。


「はぁ~~~、オークキングの最後の一撃はちょっと焦ったな。ありゃ槍って言うよりは破城槌だ。マジで城の城壁壊せそうだったしな。さて、戦利品の魔剣を回収するか」


ゼルートはオークキングが使っていた魔剣に近づき待ちあげると、魔剣が徐々に縮始めゼルートの体格に似あう大剣の大きさになった。


そのことにゼルートは驚いた・・・・・・というか疑問に思った。


「・・・・・・そういえば父さんの話の中にこんな話があったな。だけど、なんでサイズが人族様になるんだ? 鑑定眼で見たときは、持ち主によってサイズが変化するとかはなかったんだけどな・・・・・・まいっか。悩んだところでどうにかなる話でもないしな」


ゼルートが一人で自己完結しているところにゲイル達が集まってきた。


「随分と楽しめたみたいですねゼルート様」


「は~~~、私もオークキングと戦ってみたかったな・・・・・・ゼルート、今度強敵と出会ったら私と戦わせてもらうぞ」


「お疲れさまゼルート。最後の一撃は見事だったわ」


三者三様にゼルートに言葉を掛け、ゼルートも三人に返事を返した。


「ああ、今回の戦いはなかなか楽しめたよ。でも、それはゲイルだってそうだろ。あと、ルウナ、それはしっかりと覚えておくよ。今度希少種とか上位種、キング種とかが現れたらルウナに譲るよ。

ありがとなアレナ。でも、あれは魔剣の力があったからで、俺に力って訳じゃないよ」


その後少し会話をしてから拠点地に戻った。


ちなみにアレナからオークキングの肉がどれだけ美味いかを聞かされ、皆少し涎をたらしてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます