第117話少年期[106]まずは一人

「え・・・・・・いやああああああああああ!!!! わ、私の腕が、私の足が・・・・・・う、あああ、がっ、うあああああ!!! な、なん・・・・・・で腕とあ、足を斬られたのに私はい、いぎでるの!?」


ルーチが痛みに耐えながら言った言葉に、ゼルートは当たり前だろといった雰囲気で答えた。


「そりゃーーー、焼き斬ったからに決まってるだろ」


(いや、正直なところ本当は分かんないけどな。焼き斬ったら、斬った表面が焼けて固まって血が出なくなると思ってやってみたんだが、案外うまくいったな)


平然とした感じで言ったゼルートの心の中は、結構心配だった。


「ね、ねぇ。お、お願いだから私は見逃してよ。で、デブルに言われて乗っただけなのよ。だ、だから・・・・・・」


ルーチは自分が助かりたいがために、プライドを捨てて許しを乞うた。


だが、ゼルートは相手がもうまともに生きられない様な状態でも、容赦しなかった。


「悪いな、お前を。お前たちを許す気はこれっぽちもない。そんでこれは俺の考えなんだが・・・・・・俺に喧嘩売ってくる相手には半殺しまでにしてやるんだけど、俺を殺しに来る奴は魔物と一緒で例外を除いて殺すって決めてあるんだよ」


ゼルートがごく普通に答えた言葉に、ルーチは首に死神の鎌を当てられた様な錯覚を得た。


体から汗が滝のように流れた。


本能が叫んでる、次のゼルートの動作で自分は確実に死ぬと。

もう、この死からは絶対に逃れられないと。


だがルーチはなけなしの勇気を振り絞って仲間に助けを求めた。


「で、デブル!! 皆!!! お願い、助けてよ!!!! 私たち仲間でしょ、私が持っている全財産あげてもいいからお願い助けて!!!!」


Cランク冒険者の全財産、それは贅沢をせず普通に暮らせば一年は何も働かなくても暮らせる額だ。普段のデブル達なら、相手が自分達より多少強くても喜んで突っ込んでいっただろう。


だが、彼らもルーチと同じ様にゼルートが平然と告げた言葉に、恐怖を感じ動くことが出来なかった。


普段の彼らならクソガキが何生意気言ってるんだと言うところだが、今ゼルートが発している雰囲気は冒険者になりたてのルーキーの物ではない。


何度も死線を潜り抜けて来た冒険者のそれだった。


「ふっ、あいつらはお前を助けたくないってさ、薄情な仲間だな。だけど安心しろ。直ぐに同じ場所に行くことになるからさ」


そう言ってゼルートは剣を上段に構えた。


それを見たルーチは無理だと分かっていても何度も命乞いをした、したが・・・・・・。


「お、お願いします! お願いします!!! き・・・・・・あ、あなたの奴隷にでもなんでもなるから命だけは・・・・・・命だけは!!!」


「後悔するなら、お前の軽はずみな行動を後悔するんだな」


ゼルートがそう言った瞬間、ルーチの体が真っ二つになり崩れ落ちた。


たった一瞬、たった一撃で自分の仲間が真っ二つになる様子を見たデブル達の行動は早かった。


「に、逃げろおおおおおおおお!!!!!!」


「ば、化け物だあああああああああ!!!!」


「ひ、ひいいいいいい!!! な、なんでだよ、ルーキーじゃなかったのかよ!!」


デブルが逃げ去るように猛ダッシュでその場から駆け出した。


だが、それを逃がすほどゼルートは甘くない。


「バーーカ、逃がすわけないだろ。アースウォール」


ゼルートが魔法を無詠唱で唱えると、三人を覆うように大地の壁が出来た。その大きさは暑さ五十センチ、高さ十メートルになる。


一般的な魔法使いが唱えるアースウォールの五倍ほど大きさだ。


三人はアースウォールを壊して外に出ようとするが、ゼルートお手製のアースウォールはそう簡単に壊れない。


「な、なんて硬さなんだ!!」


「こ、こんなの普通のアースウォールじゃねぇよ!!」


「ふ、ふざけるなあああ!!! ここから出せええええ!!!」


三人は吠えるがゼルートはそれに全く耳を貸さず、三人に死の宣告を言い渡した。


「安心しろ。直ぐにあの・・・・・・ルーチだったか。あいつの元に三人とも送ってやるからよ」


言い渡された三人は先程のゼルートへの恐怖は消え、怒りが噴出した。


魔法使いのダードが詠唱を始めた。


「我が魔力よ・・・・・・」


ダードが詠唱を始めた瞬間、ダードの視界からゼルートが消えた。


「なっ!! どこに行った!?」


「ここだよ」


後ろから聞こえた声に反応し後ろ振り向いた瞬間に目に映ったのは無数の風の刃だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます