第115話少年期[104]ゲイルの手助け

ゼルート、ルウナ、アレナの三人の様子をゲイルは少し見ていた。


「うむ、流石ゼルート様だ。常時自分に負荷をかけているにもかかわらず、さらに負荷をかけるとは。どんな時でも自分を高めることを怠らない方だ」


・半分ほど違います。


「それにルウナ殿とアレナ殿も良い腕をなさっている。まだゼルート様の教えをほとんど受けていないのにあの強さ。流石ゼルート様がお傍に置いている女性だ」


ゲイルは七年ほどゼルートの指導を受けて強くなったので、希少種という事を入れてもリザードマンではあり得ないほどの力を手に入れた。


だがアレナとルウナは違う。確かな才能を持ち、そして努力を続けてAランク級の冒険者の実力を手に入れた。


そのことにゲイルは安心を得た。


ゲイルとしては容姿が良く、実力があったとしても性格、性根が底辺な者はゼルートの傍にいてほしくなかった。


「ただ・・・・・同じ魔物としてアレナに葬られているオーク達は少し可哀想とも思わなくはないな。いや、奴らの習性・・・・・・行いを考えれば人族やエルフ族、他の種族達が嫌うのは当然の事かもしれないな。おっと、少し時間が経ち過ぎてしまったな。ゼルート様の言う通り、助けが必要そうな者を探しに行かなければな」


そう言うとゲイルはその場から移動し、助けが必要そうな冒険者を探しに向かった。


探すこと数分、直ぐにオーク相手に苦戦している冒険者を見つけた。


三人組で男二人に女一人のパーティー構成だ。


剣と斧を使う前衛と魔法使いの後衛、といった感じでオークと戦っている。


単純に見ると三対一で簡単に倒せそうに見えるが、そう簡単にいかないのはやはりステータスに差があるからだろう。


三人組は全員Eランク、例え三人で、魔法使いがいたとしても簡単に勝てる相手ではない。


ゲイルは直ぐに助けようとしたが少し躊躇った。


まだEランクになのに今回の緊急依頼に参加したということは、そこそこ欲が強いかそれとも金銭的に余裕がないのどちらかだろう。彼らの獲物を横取りするような形になってしまいそうだと思った。


だが、ここで迷って彼らが死んでしまっては色々と思うところがあるので、とりあえず助けがいるか声をかけた。


「おい、そこの三人組! 助けはいるか!?」


ゲイルの声に驚いたてこちらを向いた三人組はさらにゲイルを見て驚いた。


「な、なんでリザードマンがこんなところにいるんだ!? というかあいつ今喋ったぞ!!」


「ば、ばか! あのリザードマンはゼルートっていう少年の従魔だ!!!」


「ど、どどどどうしたらいいの、デイズ、ガノン!!」


そんな三人の慌てた様子を見てゲイルは少し考え込んだ。


(ふ~む、いきなりの事で慌てている様だな。まぁ私もいきなり上位のドラゴンがで出てきたら反応に困るからな。さて・・・・・・とりあえずもう一回だけ助けがいるか聞いてみるとするか)


ゲイルはもう一度聞こえる三人が自分の声がしっかりと聞こえる大きさ話しかけた。


「もう一度聞こう、助けはいるか!!」


斧を持っている見た目二十代、短髪でがっしりとした体格をしているガノンは自分たちのリーダーにどうしたらいいのか相談した。


「おい、デイズ! どうする。正直このままだと厳しいぞ」


「くっ、た、確かにそうだな・・・・・・こんなとこで死ぬくらいなら、そこのリザードマン手を貸してくれ!!」


デイズがそう言うとゲイルは直ぐに了承した。


「わかった」


そうつぶやくとゲイルは普通に駆け出し、ゼルートも愛用している鉄の固さを純度百パーした鉄の剣で切り裂いた。


「ブモモモォォォ・・・・・・」


三人組と戦っていたオークはゲイルの一閃で命を落とした。


「「「えっ?」」」


だが、ゲイルにとって普通でもEランクの冒険者には全く目で追えず、どうやって自分達が戦っていたオークが倒されたのか理解が出来なかった。


だが、目の前のリザードマンが倒した事だけは分かった。


そしてデイズはまず助けてもらったことに対して礼を言った。


「あ、ありがとう。危ないところを助けてもらって。えっと・・・・・・」


「ゲイルだ」


「ゲイル・・・・・・さんですね。改めて俺達を助けてくれてありがとう」


「おう、助かったぜゲイルさん!」


「あ、ありがとうございました!!」


デイズ達は皆ゲイルに頭を下げながら感謝の言葉を言った。


それに対してゲイルは短く返した。


「気にすることはない」


ゲイルの言葉を聞きデイズ達は一安心した。だがその後にデイズは難しい顔をしながら、ゲイルに恐る恐る自分達にとっては大きな事について話し出した。


「そ、それであのオークの事についてなんだが・・・・・・」


「ああ、あのオークならお前たちが全部持って行って構わないぞ」


「えっ、あ、その・・・・・・それはありがたいんだが、あんたはそれでいいのか?」


デイズの単純な問いにゲイルは事情を説明した。


「大丈夫だ。もともと私は主のゼルート様に他の冒険者で困っている奴がいたら助けてやってほしいと頼まれただけだ。倒したオークまでの事は何も言われていない」


そう言うとゲイルはその場からまた移動した。


助けられた。三人は既に別の場所に行ってしまったゲイルとゼルートを今度酒場で絶対に奢ろうと決めた。






皆さん、これからも冒険がしたい創造スキル持ちの転生者を宜しくお願いします。

良いお年を!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます