第107話少年期[96]やっぱり熱々の料理は良いものだな

野営の準備ということでゼルートはアイテムリングから自分で造った、お手製のテントを取り出した。

その様子を見ていた周りの冒険者達は皆驚いていた。


確かにCランクの冒険者にでもなればアイテムバックなどは買えるが、それほどの要領はなく二立方メートルが精々なところ。A、Bランクの冒険者ともなれば十立方メートルもあり、中の物の鮮度を長く持たせることも出来る。


だが、Dランクの冒険者でアイテムバックを持っている冒険者はまずいない。

持っていたとしても、それは貴族の冒険者ぐらいなもの。


傍にいたグレイスとコーネリアは、ゼルートの父親が自分と同じAランクの冒険者だったということは知っていたので、そのアイテムリングは父親から貰った物だろうと思っていた。


だがゼルートが取り出した食べ物の様子を見て、グレイスとコーネリア周りの冒険者と同じ表情になった。


「な、なぁゼルート、なんでお前が今アイテムリングから取り出した食べ物は、そんな出来立てみたいなんだ?」


「え、あーーー・・・・・・」


ゼルートはグレイスの問いに、どう答えていいか迷った。


グレイス達だけなら別にかまわないゼルートと考えたが、今ここで話すと周りの冒険者達にもばれてしまう。

すると自分につっかかてくる分にはストレス発散+小遣い稼ぎになるのでかまわないが、ルウナとアレナを人質に取って自分から奪い取ろうとするアホが出てくるかもしれないとゼルート思ったが、よくよく考えればそこら辺の男たちにルウナ達が負けるはずはないので、隠さずグレイスに話した。


「これは中に入れた物の時間が完全に止まるアイテムリングです」


「・・・・・・・マジでか!?」


「はい。マジですよ」


ルウナ達達はゼルートが素直に話してしまったのを見てあ~~~あ、やってしまったなと言う顔をしていた。


その後、グレイスとコーネリアにアイテムリングの事はもちろん自分で造ったお手製のテントについてゼルートは色々聞かれたが、偶々手に入れたですました。


「いや~~~、野営でこんな温かい飯が食えるなんて最高だな!!!」


「そうですね。いつもは干し肉と黒パン、運が良いときはモンスターの肉を焼いたもの等が食べられますけど、こんな贅沢な料理は初めてですね」


「「もぐもぐ、はぐはぐ。ん、・・・・・・ごっくん。もぐもぐ」」


グレイスとコーネリアは各々の感想を述べていたが、ミルシェとダンは野営で温かい飯が食べられるのがとてもうれしいのか、食ってばかりで一言も話していない。


そんな二人の様子を見ていたアレナは優しい目で二人を見ていた。


「まぁ、最初はこうなるのが当たり前よね。野営でこんなおいしい料理が食べられるなんて考えないものね。あ~んっ!」


「もぐもぐ・・・・・・そうだな、私も冒険者になるなら野営の料理ははぐはぐ・・・・・・絶対においしくないともぐもぐ・・・・・・思っていたからはぐはぐ・・・・・・初めは驚いたものだもぐもぐ」


「ルウナ、食うか喋るかどっちかにしろよ、ったく。まぁ、俺はドーウルスに来るまでもこんな感じだから、あんまりその気持ちは分からないな」


グレイスはゼルートの言葉を聞いて口に入っていた食べ物を飲み込んでから、どれだけゼルートが贅沢なのかを話した。


「まったく、とんだ贅沢物だなお前は。そもそもアイテムリングやバックを持つのなんて精々Cランクの冒険者になってからなんだぞ。それに基本どんなにランクが上がったとしても、野営の時に食える飯なんてたいして変わらないんだぞ」


「もぐもぐ・・・っん。そうなんですか? ランクが上がれば性能が良いアイテムバックも変えると思うので食べ物などを入れる余裕もあると思うんですが」


「あ~~~・・・・・・確かにそう考えることもできるかもしれないが普通の冒険者だったら、野営の時に食べる食べ物や器具、調味料を入れるより魔物の素材や魔石を入れるために容量に余裕を持たせるから、最低限の物しか入れないんだよ」


グレイスの言葉から自分は普通ではないと言われたようにゼルートは感じたが、その自覚はあったので何も突っ込まなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます