第98話少年期[87]両親のかつての仲間

ガレスと話し合いをした夜、ゼルートはゲイルと従魔の関係を利用した通信魔法で連絡を取っていた。

最初にお互いの近況を話してから、ゼルートは今回の依頼についてゲイルに話した。


「ってわけなんだけど、どうだゲイル。今回の依頼はお前でも満足できるやつだと思うんだけど来るか?」


「もちろん参加させてもらいます。ですが二人は連れて行かなくていいのですか?」


ゲイルの質問にゼルートは頭をかきながら苦笑いで答えた。


「あ~~~、ほら、あれだよ。ラルは属性のあるドラゴンだからラルを狙ってくるバカが出てくるかもしれないし、ラームだと見た目ただのスライムだから連れて行くのを却下されるかもしれないだろ」


「・・・・・・なるほど。確かにそのよおな事がないとは言い切れないですね。

分かりました。それでは明後日の朝八時頃にドーウルスの門の少し離れた所にいればいいでしょうか」


「そうだな。そんな感じで頼むわ。後、その時にアレナとルウナを紹介するから、俺の傍に二人女の人がいるって覚えておいてくれよ」


そこで急にゲイルは、息子の成長を感じた父親のような様子で返事をした。


「わかりました。それにしても、女の奴隷を二人も買うなんてやはりゼルート様も男なんですね」


「あ、阿保かっ! 二人はそんなんじゃないっつーの。変なことを言うな」


ゼルートは慌ててゲイルの言葉を否定したが、その頬はほんのりと赤かった。


ゼルートは二人の容姿と体型を思い出していた。


二人とも容姿は違うがどちらもストライクゾーンであり、体型の方は言わずとも出ているところは出ており、引っ込んでいるところは引っ込んでいる理想の体型なので、思い出したゼルートの息子はゼルートの意思とは無関係に超元気になっていた。


「そういうことにしておきましょう」


「ああ、そういうことにしておいてくれ」


こうして明後日に関してのゲイルとのやりとりは終わった。


が、ゲイルの言葉のせいでゼルートはなかなか寝付けないでいた。


(ったく。ゲイルの奴が変なこと言うから俺の息子が収まらねーじゃんかよ。はーーー、別に二人と恋人ってわけでもないし、それに奴隷と主人って言葉利用して性行為を強要するのは個人的に嫌だし。かといって娼館に行く勇気はないし・・・・・・あーーーーくっそ! 寝れねえよ!)


ゼルートはこの後二時間くらい悶々とし続けた。



次の日、ゼルート達はギルドに向かっていた。


「にしても、ゼルートがガレンさんとレミアさんの息子だったなんてちょっと意外ね」


「そうか? あ、おっちゃん。そのファットバードの焼き鳥五本ちょうだい」


ゼルートは街中にある焼き鳥の屋台で焼き鳥を買いながら返事をした。


「ええ、確かにガレンさんとレミアさんも若い頃は結構やんちゃしてたって聞くけど、ゼルートの場合は流石にやりすぎだと思うからね」


(へ~~~、父さんと母さんって若い頃はそれなりにやらかしたこともあったんだ。

まぁ、俺がやりすぎっていうのは俺自身も否定は出来ないな)


「私としてはゼルートの両親より、ゼルートがなんでランクに似合わなすぎるほどのお金を持っているのかが不思議だ」


「そう言われてみるとそうね。確かに冒険者から貴族になったとしても、そんなにお金が貰えるわけでもないし・・・・・・もしかして例の決闘で得たお金の大半はゼルートが持っているの?」


ゼルートは全てを言おうかどうか迷ったが、半分だけ隠して話した。


「別に決闘で勝った時に貰った財産は全部家に置いてあるよ。ガキの頃は街にたまに来る行商人にポーションを売って金を稼いだり、この街に来る途中で盗賊が襲ってきたから逆にアジトを聞き出して襲って盗品を奪ったりしたからな。

でも、一番儲けたのは・・・・・・ある物をオークションで売った時に貰ったお金が一番多かったな。

というかそのお金がなかったらアレナを買うことは出来なかったしな」


アレナとルウナは以外な事実を知って驚いていた。


いや、アレナはどちらかというと前半のゼルートの行いに軽く引きつっていた。


「あなた・・・・・・本当に子供らしくないわよね。普通の子供は行商人相手にポーションを売ったり、襲ってきた盗賊を逆に襲うなんてことはしないわよ」


「・・・・・・まぁ、そんな細かいことは気にすんな」


「細かくないわよ! ったくもー。あれ、そういえばゼルートってグレイスさんとコーネリアさんとは会ったことあるの?」


アレナが言った二人名前に、ゼルートは聞き覚えがあった。


(? グレイスにコーネリア・・・・・・そういえば父さんと母さんが冒険者をやってた時の話をするときによく出てきた人の名前がそうだった気がするな)


「いいや、会ったことはないよ。でも、まだこの街を拠点に冒険者をやってるんだったら、もしかしたら今回の緊急依頼で会うかもなっと。

とりあえずギルとに着いたし中に入ろうぜ」


(さてと・・・・・・父さんと母さんの元パーティーメンバーか。父さんと母さんの話からは容姿分からなかったから、どんな人なのか気になるな)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます