第97話少年期[86]俺の両親って結構有名なんだな

(やっと強い奴と戦えるな。昇格試験の時に戦った成長したスケイルグリズリーも中々強かったけど、やっぱり元はDかCランクだ。元がBランクの魔物には敵わないだろう。それに魔物の数が二百体程なら、ゴブリンとオークの両方にキングがいる可能性もある。もしかしたらロードがいるかもしれないな。いや、それはいたらいたらでやばいか。でも二百体にもなると上位種もたくさんいるだろうな。それだとゲイル達三人の内誰かを呼んだ方が良いかもな。呼ぶとしたらそうだな・・・・・・ゲイルが一番無難かもな。他の二人だといろいろ問題がありそうだしな)


ゼルートは今回の件についていろいろ考えおり、全く周りの声が聞こえて居なかった。


「・・・ト、ゼルート! ちょっと、ちゃんと話を聞いているの!?」


アレナに注意されたゼルートは、直ぐに返事をした。


「あ~~~ごめん。いろいろ考え事してて聞いてなかった」


「まったく。ゼルート、もしガルス様が寛容な方じゃなく、典型的な貴族だったら不敬罪になってるわよ」


「だから悪かったって言ってるだろ」

ゼルートはアレナに謝ったが、どうやらアレナにはゼルートの心が読めていたらしく、余計に怒らせる事になった。


「今あなたが嘘をついてるくらいわかるのよ。どうせオークとゴブリンの群れにキングがいたら戦いたいな~~~とか思ってるんでしょ」


「うっ! い、いやだな~そんなこと・・・・・・ちょっとぐらいしか思ってないよ」


嘘だとばれていても否定しようとしたが、ついゼルートは本音を漏れてしまった。


するとガレスさんが突然笑い出した。


「はっはっはっは、いやはや流石はガレンとレミアの息子だな。頼もしい限りだな」


「っ! 父さんと母さんを知ってるんですか!?」


「ああもちろんだ。なんせお前の両親はこの街で冒険者をやっていたからな」


(は~~~、まじかよ。そんなこと父さん達一言も言ってなかったから結構な驚きだな)


ゼルートが知らなかった事実に驚いていると、アレナが驚きと言うよりは、驚愕した表情で俺に訪ねて来た。


「ゼルート。あ、あなたガレンさんとレミアさんのむ、息子なの?」


「ん、ああそうだよ。ってかアレナも父さんと母さんのこと知ってるのか?」


「え、ええ。というかあなたの両親は冒険者の間では結構有名なのよ」


へ~~~、そういえば二人ともAランクだったから当然と言えば当然か。父さんにはなかなか強烈な二つ名もあったしな。


「まぁ、最初は成長したスケイルグリズリーを倒したと言っても、まだDランクの冒険者に頼むのも気が引けていたのだが、二人の子供と分かれば遠慮する気持ちも薄れてしまった。さて、今回のゴブリンとオークの群れの討伐の緊急依頼を受けてくれるか?」


(はっ、考えるまでもないってやつだよガレスさん)


「もちろんやらせてもらいます。アレナとルウナもいいよな?」


「ええ。断る理由がないわ」


「私もだ。この前の昇格試験では強い魔物と戦えなかったが、今回は戦えそうだしな」


うん、相変わらずルウナは俺と同じ戦闘凶だな。


「頼もしい限りだな。明日の十二時からギルドで説明があるからそれに行くといい」


「わかりました」


そのあと少しだけゼルート達は他愛もない会話をしてから、領主の屋敷を出た。


「ふふ、あの時の常識外れの子がまた随分と逞しくなったものだ」


ガレスは部屋を出て行ったゼルートのことを思い浮かべていた。


「ギルドの報告書には従魔に希少種のリザードマンとスライム、そして子供のドラゴンとまであった。まったくもって凄い子供だ。だがその分貴族達に狙われやすいかもしれんな。強いとは言ってもまだ十二歳だ。もしもの事があれば私の権力を使ってでも守ってやらねばな。いや」


ガレスは過去を思い出すようにつぶやいた。


「もしバカな貴族どもがゼルートにちょっかいを掛ければ・・・・・・直接ゼルートが仕返しに行くかもな」


その未来は遠くないうちにやってくる・・・・・・かもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます