第95話少年期[85]まぁ、大丈夫だろう

弾かれたセイルの剣は宙を舞い、地面に突き刺さった。


自分にとって絶対の自信を持っていた必殺技を、同じ技で返され競り負けたことにセイルの頭は理解できていない。いや、理解しようとしなかった。


「な、なんでお前が俺の火炎斬を・・・・・・あれは俺の必殺技の筈なのに・・・・・・なんで」


セイルはゼルートが自分と同じ技を使った事が信じられないでいたが、ゼルートが無情にも現実を突きつけた。というか当たり前な事実を伝えた。


「お前さ・・・・・・自分が物語に出てくるような勇者だとでも思ってんのか? そりゃぁ本当に物語に出てくるような勇者だったら誰にも真似出来ないような技や、魔法が使えるかもしれないけどお前みたいなEランクが使うような技なんてら使える奴はたくさんいると俺は思うぞ。

それとだ、なんでEランクのお前が使えてお前と同じEランクの俺が使えないって思うんだ?

お前は別に特別でもない、どこにでもいるような奴だろ。死にもの狂いで毎日修行してるとかなら話は別だけどさ」


セイルはゼルートの口から出た言葉に打ちのめされていた。


分かっている。自分が特別でないことぐらいわかっていた。認めたくはなかったけどゼルートが自分より強いってことはわかっていた。


でも、右も左もわからなかった自分達にいろいろ教えてくれたあの人が決闘で負けたことが、まるで自分の事のように悔しかった。


昇格試験の時に盗賊のリーダーに一人で挑んだのは、自分がゼルートより先にこいつを倒せばゼルートがあの人に勝ったのはまぐれになるかもしれないと思ったからだ。


今もそうだ。


自分を、自分達を鍛えてくれた人は弱くないということを証明したいからだ。


「わ・・っ・・る。で・・け・・・んだ」


「?」


「わかってるんだよそれくらい! でも、負けたくないんだよ!! うおおおおぉぉぉおおおおおおおおお!!!!!!」




セイルは手を力いっぱい握りしめて大振りなテレフォンパンチでゼルートに殴りかかった。


それを見てゼルートはニヤッと笑った。


「なんだ、良い顔できるじゃん。

でも、今回は俺の勝ちだ」


ゼルートはセイルのテレフォンパンチを避け、ボディーに一発決めた。


「がっ・・・・・・はっ」


ゼルートのパンチがセイルの鳩尾に決まり、地面に倒れた。


そこでガンツがゼルートの勝利を告げた。


「勝負あり、勝者はゼルートだ!!!」




「お疲れさま、ゼルート。なかなか良かったと思うわ」


「そうか。アレナがそう言うなら上手くいったんだろうな」


模擬戦後、別室に集まり昇格試験で無事合格しDランクになったとガンツに言われた。


俺達三人には特に注意点などはなかったが、今回一緒に野営をしたことで、次に他の冒険者と野営するときに不満が出るかもしれない言っていた。


盗賊が持っていた宝に関しては俺は剣と槍を少々、アレナは金貨を数枚、ルウナは魔法金属を選んだ。


そして直ぐにそのまま一直線に宿に戻り今に至る。


「しかし・・・・・・あのセイルだったか。あそこから這い上がれると思うか?」


ゼルートは最後に見たセイルの目を思い出しながら答えた。


「最後に見たあいつの目はもう濁ってなかったし、大丈夫なはずだ」


「そうか・・・・・・まぁ、這い上がるのもそのまま潰れるのも本人しだいだしな」


「そういうことだ。よし! Dランクになったんだし活動の幅が少し広がるんだ。これからの予定を考えようぜ」


「そうね! 私としては・・・・・・」


「私は出来ればこんな依頼をだな・・・・・・」



三人は夕食の時間まで、今後の話で盛り上がり続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます