第92話少年期[82]しっかり手加減しないとな

ゼルート達三人は宿に戻り、のんびりと休んでいた。


ゼルートはセイルとの決闘の事で、アレナにアドバイスを貰おうとしていた。


「なぁ、アレナ。セイルとの決闘の事についてなんだけど、どんな勝ち方で勝てば良いと思う?」


アレナはゼルートの質問に、どう答えていいか悩んだ。少しして、アレナはゼルートの質問に答え始めた。


「まずはゼルートがセイルより強いと分からせるというのは簡単だけれど、問題はゼルートが言うように勝ち方が問題ね。

圧倒的な強さで勝つのも一つの手だけど、私としては低レベルの剣術スキルの技や、魔法で勝つことがおすすめだけれどゼルートなら出来るでしょ」


「まぁ、セイルくらいのレベルが相手なら出来るな」


アレナの提案にゼルートは当然と言った様子で答えた。


ルウナはアレナの提案に疑問を持ち、理由を聞いた。


「ただ圧倒的な力の差を見せつけて倒すのでは駄目なのか? わざわざそんなめんどくさそうな真似をしなくてもいいと私は思うのだが」


「確かにルウナの言うことも一理あるけれど、それだとセイル君の為にならないじゃない。ガンツさんの迷惑をかけるて言葉は、そういう意味も含まれているはずよ。

もしセイル君がゼルートと同レベルぐらいの力を持っていたら話は別だけれど、実際は離れすぎていて本当に話にならないわ。

だから高レベルの剣術スキルの技や魔法で勝っても自分とは才能が違いすぎるんだと思い、セイル君の為にならなくなるのよ」


「・・・・・・なるほど。そういうものなのか」


「ええ、そういうものなのよ。まだ若いんだし思い込みが激しい事もあるだろうしね」


ルウナはアレナの説明に納得がいったのか、満足そうな顔をしていた。


「よし、もう夕方だしそろそろ下に降りて夕食を食べようぜ」


「そうね。良い具合にお腹がすてきたわ」


「私もだ。今日はファングボアの肉が食べたい気分だ」


三人は夕食を食べるために食堂に降りて行った。




次の日、先日ガンツに言われた通り、ゼルートは十二時にギルドの練習場に向かった。


ギルドに入るとイルーネがゼルートを見つけ、速足でゼルートの方へ向かってきた。


「ゼルート君! これからセイル君と決闘をするって聞いたけど昇格試験中に何があったの?」


「あ~~~何かあったかと言われれば、そうとしか言えなくもないですね。でも安心してください。別に喧嘩に発展した訳ではないですから」


「すでに決闘を行う事態になっているから安心出来ないけど、とりあえずゼルート君はあまり本気を出し過ぎないようにしてくださいね。セイル君相手にゼルート君が本気を出したら、セイル君が死んでしまう可能性もあるんですから」


イルーネは決闘でゼルートがやりすぎてしまうのを心配していた。




「大丈夫ですよ。しっかりと手加減しますから」


そう言ってゼルートは練習場に向かった。


ちなみに受付嬢の中で人気のあるイルーネと話していたゼルートには、たくさんの冒険者から嫉妬の視線を向けられていたが、ゼルートは決闘の事しか頭になく気づいていなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます