第88話少年期[78]とりあえずは昇格試験終了

ゼルートはアレナ達と一旦別れた後、盗賊達の死体を一か所に集めていた。


そして、まだ使えそうな装備は一応アイテムリングの中に入れていた。


「燃やすにしてもそうだな・・・・・・蒼炎は使わないでおくか。良く燃えるかもしれないけど酸素が減るからな」


ゼルートはファイヤーボールを二十個ほど浮かべ、死体の山に火を付けた。


全ての死体に火が行き渡ったのを確認したゼルートは、アレナ達の方へと向かった。




ルウナとミールは奴隷たちが逃げ出さないように見張っていた盗賊を、ルウナが片方を拳でただ殴るという単純な動作で瞬殺し、もう片方は腹部を殴り無理やり気絶させミールに短剣を渡した。


ミールは盗賊のアジトに入る前にアレナに言われたことを思い出し、意を決して盗賊の喉元に短剣を突き刺した。


その人を殺した感触にミールは吐きそうになったがなんとか堪え、ルウナについて行った。


そして奥に簡易の檻の中に奴隷たちがいた。その檻には鍵が掛かっておりミールが焦りながら鍵を探しに行こうとしたらルウナが無理やり力任せに檻を壊した。


その様子をみたミールや奴隷たちは少し引いた表情をしていた。


「あ、ありがとうございます冒険者さん」


奴隷たちの代表として二十代半ばの人族の女性がルウナとミールに頭を下げた。


「気にする必要はない。私たちはギルドの昇格試験のために、ここの盗賊を退治しに来ただけだ。

それにお礼をいうのなら奥の広場にいた盗賊達を倒した私とミールのパーティーに言った方が良い」


「わかりました。それと、これから私たちはこれからどうなるのでしょうか。

私のような大人はまだなんとか職に就けるかもしれませんが、この子たちがどうなるか心配で・・・・・・」


ルウナは少し考え込んだ。


安易に無事に元のような生活に戻れるなどと軽々しいことは言えないので、どう返答したらいいのか迷った。


だが、ふと自分の主の顔を思い出し、あの人なら何とかしてくれるだろうと思った。


「安心して大丈夫だ。私たちが拠点としているドーウルスの領主はしっかりとした貴族だと聞いている。それにもし何かあれば私のパーティーのリーダーが何とかしてくれるはずだ」


ルウナの言葉を聞き、女性をほっとした表情をしていた。


子供達もルウナと女性がどんな内容を話しているのかはいまいち分かっていなかったが、女性の安心した表情を見て子供達も安堵の表情を浮かべていた。


そしてルウナ達は来た道を戻り、アレナ達と合流した。


「ルウナ! どうやら無事に助けることが出来たみたいね」


「ああ、見張りをしていた盗賊達は正直言って弱すぎて話にならなかったからな。それとミールには一応人を殺させておいたんだが良かったのだな?」


ルウナはよくよく考えてみると、回復要員の神官のミールが人を殺す必要はなかったんじゃないのかと思い、一応アレナに報告した。


「ええ、もちろんよ。神官だからって人を殺す場面に出くわさないってわけじゃないからね」


「そうか、それは良かった」


ルウナは自分の判断が間違ってなかったことに安堵した。


そこでルウナはセイルが気を失ってロークに担がれているのに気が付いた。


「セイルだったか、なんでそいつはロークに担がれてるんだ? なにかヘマをしたのか?」


ルウナはやっぱりセイルが何かやってしまったのかといった顔でわアレナ達に聞いた。


ルウナの問いにアレナは苦笑い、ロークとラナは苦い表情で答えた。


「そうね。私たちに被害があったわけではないけど、ヘマをしたと聞かれればそうとしか言えないわね」


「いくらセイルが自分に自信があったとしても、あれはパーティーのリーダーとしてはだめだと思うかな」


「ロークに同感ね。それと実際にゼルート・・・・・・さん? とあの盗賊の頭目との戦いを見たから分かったことだけど、相手との力量差を全然わかっていなかったわね」


三人とも多少意見が違うが、セイルが間違った行動をしたという点は一緒だった。


同じパーティーからも非難の声を向けられている様子に、ルウナも苦笑いしていた。


ミールはなぜセイルが責められているのかわからず困惑している。


「あら、もう来たみたいね」


アレナの言葉にルウナ達が足音がする方向に目を向けた。


目線の先にはゼルートがいた。


「よう、上手くいったみたいだなルウナ」


「ああ、そっちは・・・・・・その顔を見るにちょっとは満足出来たみたいだな」


ルウナは不満そうにしながらゼルートに返した。


ゼルートはなんでルウナが不機嫌なのかが分かり、なんとか機嫌をとろうとした。


「悪かったって。今度強そうな魔物を見つけたら直ぐに言うからさ」


「まぁ、それで良しとしよう」


それから他愛もない会話をしながら盗賊が貯めていた宝石、金、武器などを一旦ゼルートのアイテムリングに入れ出口に向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます