第8話幼少期[6]ついに念願の

さてと・・・・・・このステータス、なんて言って誤魔化そうか。


「さぁ、着きましたよゼルート君」


このいろいろやばいステータスの事を考えていたらもう父さん達が目の前にいた。


父さん達は俺が来たのが分かるとこちらに来てどんなスキルが手に入ったのかと聞いてきた。


「おっ、戻ってきたか。さてさて、どんなスキルが手に入ったんだゼルート」


「あなた、まだスキルが手に入ったと決まったわけではないのよ」


絶対に俺がスキルを手に入れたと確信している父さんを母さんが決めつけるのは良くないと言った感じで注意していた。


その様子を見たクラートさんが二人を安心させるため俺がスキルを手に入れたことを二人に話した。


「レミアさん、安心してください。どうやらゼルート君は無事スキルを手に入れたようですよ」


それを聞いた母さんはホッとした表情になった。


「あらそうなの。良かったわ。本当はゼルートがスキルを貰えるか心配だったのよね。でも本当に良かったわ」


「いや~~~流石俺の息子だ!! それで、どんなスキルを手に入れたんだ?」


父さんが期待に満ちた目でこちらを見てきた。


うっ、あんまりそんな目で見てほしくないんだけどな・・・

内容的にはむしろ大喜びしそうと思うんだけどな。でも、あんまり人目があるところで言っていいものでもない気がするからな。

というかやっぱり秘密にしておきたい。


「いや、あの・・・・・・」


「どうしたのゼル?」


母さんが心配そうに声をかけて来た。


「スキルの事に関してなんだけど・・・あまり人目があるところでは言えないと思いまして・・・・・・」


父さんと母さん、クラートさんと他の神父さんたちは少し驚いた顔をしていた。


後から聞いた話だけどスキル、ステータス、助言を貰った子供たちは必ず親にそれらを自慢するらしい。

俺のような態度を取るのは王族の子とか公爵家などの爵位の高い子供達だけらしい。


あのまだ子供ながらすでにいつも冷静沈着でクールで優しいクライレット兄さんもこのときはとても喜んだらしい。


「それはステータスもか?」


「はい・・・・・・・・・・」


「そうか・・・・・・うん!! やっぱり流石俺の息子だな!!!」


「へぇ???」


父さんの予想外の返事に俺はつい変な声を出してしまった。


「そんなに凄いステータスとスキルを手に入れたんだろう?」


父さんの問いに俺は若干戸惑いながらも答えた。


「う、うん。結構凄いと思います」


「ならそんな顔をすることはない! もっと胸を張ってむしろそれを誇るくらいの態度でいろ」


「そうよゼル、もっと喜んでいいのよ」


・・・・・・・・・そうか、俺が単に考えすぎていただだったのか。


「よし! それじゃぁ、王都の観光へと行こうか!!」


「そうね。ゼル、約束したとおりゼルが欲しい物を買ってあげるわ」


「本当に!? やったーーーーー!!!!」


うん! やっぱり親から何か買って貰うってのはいいものだな。


そしてこの後はクラートさんに別れの挨拶をしてから街を散策した。



そして俺達は五時間程王都を観光した。

まぁ、一時間程母さんの服やアクセサリーの買い物につき合わされたんだけどな。

父さんもゲッソリとしていた。女の買い物は男にはわからないものだからな。


そして途中で俺は刃引きがされていな鉄の剣が欲しいと父さんにねだった。


父さんは少し難しい顔をしたが母さんが何も言ってこなかった。こういうことは父さんに任せているみたいだ。

父さんが少しの間悩むと良い笑顔で買ってくれると言った。


こうして俺は前世も含めて人生で初めて本物の剣を手に入れた。


俺は家に帰るまで終始テンションがマックスだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます