槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

ep6/36「見えざる純黒」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • これがオカルト・伝奇系ロボ……!
    めちゃめちゃ良いすねぇ
    人型の意味も増し、だからこそ異質さも際立つ
    たまりませんな……!

  • これは、見方を変えたらホラー映画になりますね

  • 槐兵は八百万の中の一柱なのか……

    そしてロボとヒロインがくさタイプだと思ってたら主人公もくさタイプになだてる……!

  • あっ幻也さんダークヒーローしてて最高にカッコいい……
    呪操OSという単語も本作ならではでイイですねー。まさしく鉄機さんにしか描けない世界観が進行形で広がっている気がします……!

  • 凄い…これが御霊の力、そして呪いの力で動くロボット!
    まず「神木で作った木製ロボ」ってのが、発想として凄いですよね。
    さらに、主人公の幻也もまた、肉体が同じ構造になってしまった。
    呪いをもって制御し、呪われた力で敵を撃滅する…かっこいい!
    そして、次回はいよいよ槐兵同士の戦いでしょうか…楽しみです!

  • 圧倒的じゃないか、我が軍は!
    ステルスではなく八百の神の類だったか、槐兵!

  • これは確かに理不尽な優位性、やられる方はたまりませんね! 植物の筋繊維にシャーマニズム的制御OS、SFとオカルトの融合もお見事です!

  • これは…… いよいよ作品の進展が、鉄機さんの領域になりつつある気が。
    誰も見たことのないあり得ない世界の描写が凄いです。

  • >そういう事は、分かりやすく仕様書に書いておけ
    この一言が最高にイカす!

    だいぶん不穏な感じはするのですが、それでも御霊の呪術と神木で編まれた
    システムが恐ろしいほどにカッコいい。それが呪われたものであると
    理解した上でそう思ってしまう魔力を持っているなと……

    そしてロボットは巨人なんですよね。人を超えたものと対峙する場合が
    多いですがそれが人に向けられた時にどうなるのか。

    更にそれが認識されないというのはほぼ神の領域ですよね。
    続き楽しみにしています!