槐神霊装伝エンジュ―現代呪術戦は魔都東京にて―(#槐エンジュ)

作者 鉄機 装撃郎

ep8/36「贋造神呪兵装〈神薙〉」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ひょっとして1位だからイチイとかじゃないですよね

  • 神薙は神道呪術にとってガン細胞のようなものってことでしょうか。
    うーん、この「無効化」、何かの副産物に過ぎない効果っぽさが匂ってきてワクワクします

  • 地下駐車場に偽装された格納庫とか無条件でワクワクしません……?(中二病末期患者)
    神薙、文字通り呪操槐兵殺しの呪操槐兵となりそうですね……冒頭ですでにある程度の未来は明かされていますが、そこに至るまでどのような経緯を辿るのか。楽しみにしております!

  • まじないに抗するのもまじない
    どういった類かはまだ推察できませんが、入念な取材が感じられて、とても素敵です

  • もう設定のひとつひとつに無駄がなく、どれもきちんと機能している……
    ここまでスタイリッシュに、それでいて質量を感じさせるのは並大抵のセンスと努力ではないでしょう……

    公安霊装は隠しているな、かなえの存在を……
    幻也が冒頭のような立場になった理由までまもなくか……?

  • 御霊は対呪術戦に特化……つまり呪操槐兵へのカウンター兵器という訳ですね。
    次が暗殺となると、それ相応な困難が待ち受けている事に!

  • なるほど!例の煙草か!、
    ところで絶対にOSは『彼女』なんでしょうなぁ。

  •  声が、声が……! いつまで公安にいるんでしょうね、冒頭のシーンを見ているのでハラハラします。まずは神籬社との戦争、楽しみにしています!

  • この整備に当たるシーンが無茶苦茶カッコいい。

    呪術系ロボはどうしても呪術側に引きずられるのですが
    このシーンはしっかりとロボに呪術のテクスチャが張られていて
    おなじみのシーンでありながら初めて見た興奮が組み合わさり
    とてつもなくワクワクしてしまいます!

    そしてやはりOSの中身は・・・・・・ 何はともあれ続きを楽しみ
    しております!