第六十話:温もり

1


次第に痛みも落ち着いてきて意識がはっきりしてくると、周囲の様子を把握できるぐらいにはなってきた。


てっきり洞窟の中だと思ってたそこは、自然の地形を巧みに利用して作られたログハウスのようだった。


どうやら自然で開放的な造りから、勝手な思い込みをしてしまっていたようだ。


それなりに年季があるようで、最近建てられたものではないと思う。


それから程なくして、二つの足音が近づいてくるのに気づいた。


一つは慎重でどこか不安げな子どもの足音で、もう一つは相手を労わるように歩調を合わせた温かい足音。


そして同時に、甘く香ばしい匂いがしてくる。


「お姉ちゃん、これ食べて元気になって」


ミルが温かいスープを運んできてくれた。


一瞬スープをこぼしてしまわないか心配になったが、小さな両手で椀をギュッと握って、落とさないように集中していた。


「ありがとう」


椀を受け取り礼を言うと、ミルはやり切ったような表情をして、どこか得意そうだった。


「ミルも手伝ってくれたんだよね」


女がふかした芋とカットした果物を持ってやって来た。


「村で取れた野菜を使ったスープとお芋、それに疲労や傷付いた身体によく利く果物をお持ちしました」


「お姉ちゃん、わたしがね、わたしがスープをよそったんだよ」


身を乗り出して、スープを早く飲んで欲しいと、全身で訴えていることが分かった。


一口スープを口に運ぶ。


美味しい。


木の実や根菜、薬草のような葉が入っていたが、全然青臭くなく、焼き色のついた鳥肉から出たジューシーな脂が、食欲をそそる。


全身にエネルギーが漲る感じがする。


「お姉ちゃん、美味しい?」


「うん、とても」


少女に笑いかける。


「気に入ってもらえて良かったわ。今ご用意できるものはこのぐらいですが」


「どれも栄養価の高いものばかりなので、後はしっかりお休みになれば、じきに良くなりますよ。この村では薬としても重宝されている食材なんです」


女からふかした芋をいただく。


見た目は素朴だが、ホクホクしてて、お肉のように厚くて頬張りがいがある。これも絶品だ。


「沢山ありますので、ゆっくり食べてくださいね」


女が温かく微笑む。


剣と血が交わらない世界。淀んだ空気、価値観が存在しない綺麗な世界。


そんな世界を夢見ていた。


私は、今は、このささやかで、穏やかな時間に、ただ触れていたかった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

独り 異世界攻略班 @himajinnto

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

同じコレクションの次の小説